RMUクラウン概要

RMUクラウンはRMUにおいて最も価値のあるG1タイトルとしての位置付けになります。
年1回開催の会員・一般問わず参加が可能なオープンタイトル戦です。
本戦にはRMUのライセンスプロをはじめ、友好団体所属選手がシードされます。
準決勝・決勝は麻雀スリアロチャンネルにて生放送いたします。

第14期RMUクラウン 日程、システム

□一般予選
2022/08/14(日) 銀座柳本店
2022/08/28(日) 赤坂ぷろす
2022/09/04(日) 赤坂ぷろす

※一般予選については空きがあれば再挑戦可能
※通過率は約30%
※各日ともに、10:20~10:50 受付(遅刻者は失格)

RMUクラウン一般予選申し込み

□プロ予選
2022/09/10(土) 赤坂ぷろす・銀座柳本店
2022/09/11(日) 赤坂ぷろす・まーすた王子
・各予選とも半荘4回戦(各回50分+1局)を行い、各会場1位がトーナメント2にジャンプアップ
・上位2~37位が5回戦を行い、全体で約30%がトーナメント1に勝ち上がり
※上記から日程を選択しどちらかの日のみ出場可能
※各日ともに、10:20~10:50 受付(遅刻者は失格)

□本戦1日目 2022/09/23(金祝)
会場:赤坂ぷろす、銀座柳本店、まーじゃんエース
・トーナメント1
全体人数188名を予定
9:20~9:50受付
システム: 予選勝ち上がり選手にシード選手を加えて、トーナメント3回戦を行い各卓上位2名+ワイルドカード数名がトーナメント2へ進出(200分+1局)

・トーナメント2
全体人数156名を予定
13:20~13:40 受付
システム:トーナメント1勝ち上がり者にシード選手を加えて、トーナメント3回戦を行い各卓上位2名+ワイルドカード数名がトーナメント3に進出(200分+1局)

□本戦2日目 2022/09/24(土)
会場:赤坂ぷろす、銀座柳本店
・トーナメント3
全体人数88名を予定
9:20~9:50受付
システム: トーナメント2勝ち上がり者にシード選手を加えて、トーナメント3回戦を行い各卓上位2名+ワイルドカード数名がトーナメント4に進出(230分+1局)

・トーナメント4
全体人数52名を予定
13:40~14:00受付
システム: トーナメント3勝ち上がり者にシード選手を加えて、トーナメント3回戦を行い各卓上位2名がトーナメント5に進出(230分+1局)

□本戦3日目 2022/09/25(日)
会場:赤坂ぷろす
・トーナメント5
人数28名を予定
9:20~9:50受付
システム: トーナメント4勝ち上がり者にシード選手を加えて、トーナメント3回戦を行い各卓上位2名がベスト16に進出(230分+1局)

・ベスト16
人数16名を予定
13:40~14:00受付
システム: トーナメント5勝ち上がり者にシード選手を加えて、トーナメント3回戦を行い各卓上位2名がベスト8に進出(2回戦まで150分+1局、3回戦目は時間無制限)

□準決勝(ベスト8) 2022/10/02(日)
・ベスト8
会場:大塚マージャンスタジオ(麻雀スリアロチャンネルにて生放送)
11:30までに集合
※集合時間に遅れた場合は失格
トーナメント形式の3回戦(時間無制限)を行い、各卓上位2名が決勝進出
放映1半荘目…A卓の1回戦を放映(B卓も対局)
放映2半荘目…B卓の2回戦を放映(A卓も対局)
放映3半荘目…B卓の3回戦を放映(A卓は休憩)
放映4半荘目…A卓の3回戦を放映
※放映順は当日変更になる場合があります

□決勝 2022/10/10(月祝)
会場:大塚マージャンスタジオ(麻雀スリアロチャンネルにて生放送)
11:30までに集合
※集合時間に遅れた場合は失格
半荘4回戦+新決勝方式(時間無制限)

試合会場アクセス

・銀座柳本店(予選・本戦会場)
〒104-0061 東京都中央区銀座1-14-11 銀松ビル2F

・赤坂ぷろす(予選・本戦会場)
〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目12−11 セントラル赤坂ビル 6F

・まーじゃんエース(本選会場)
〒112-0002 東京都文京区小石川1丁目11−13 新香園ビル 5F

・まーすた王子(予選会場)
〒114-0002 東京都北区王子1丁目18−1 飛鳥ビル 5階

・大塚マージャンスタジオ(準決勝・決勝会場)
http://www.threearrows-ch.com/company/

ルール

RMU公式Aルール(一発裏ドラあり)
※詳しくは下記HP「ルール(https://rmu.jp/rule)」よりご確認ください

【歴代優勝者】

第1期 山谷克也 (一般) (レポート)
第2期 渡辺卓也 (B級) (レポート)
第3期 古久根英孝 (元S級) (レポート)
第4期 平山友厚 (会員) (レポート)
第5期 多井隆晴 (SSS級) (レポート)
第6期 川上貴史 (最高位戦日本プロ麻雀協会) (レポート)
第7期 岡澤和洋 (A級) (レポート)
第8期 河野高志 (S級) (レポート)
第9期 河野高志 (S級) (レポート)
第10期 伊澤興 (一般) (レポート)
第11期 齋藤豪 (日本プロ麻雀連盟) (レポート)
第12期 朝倉ゆかり (日本プロ麻雀協会) (レポート)
第13期 浅井裕介 (最高位戦日本プロ麻雀協会)

過去のレポート