2022 ティアラリーグ

2022ティアラリーグ規定

・30人以上になったので、Aリーグを15名、Bリーグを残りの人数とする
・最下位リーグは研修リーグとし、ティアラクライマックスへの進出はAリーグからのみとする(5名)

□規定 (共通)
・年間5節
・期終了時、下位3名が下位リーグに降級となる


□最下位リーグ以外の規定

・定員15人(休会者が発生し15名未満になった場合は降級者上位から残留させ15名とする。次期以降、休会復帰者含めて16名以上になった場合は、その期は16名以上で実施するが次期15名となるように降級者を増やす)
・年間5節
・組み合わせは5節分が1節開始前に決まる
※お休みがあり、組み合わせが3人になった場合は、5人打ちの卓の最下位者が卓移動をして人数を調整する(令昭位戦同様の規定)
・Aリーグの上位5名がティアラクライマックスリーグへの進出権獲得(抜け番は、5節終了時の順位順に抜け番を選択する)
・ペナルティの規定は、令昭位戦に準ずる
※ポイントは、3日前連絡よりペナルティが発生します
※遅刻ペナルティも発生します
・期終了時、下位6名が下位リーグに降級となる
・対局終了後の研修会への参加は、指名された者は義務とする(それ以外は自由

□最下位リーグの規定(2021年Bリーグ)
・期初めに最下位リーグの人数が30人以上になった場合、上位15名を現状のリーグ、16位以下で最下位リーグを新設する(以下、最下位リーグが30人以上で同様にリーグを新設する)
・組み合わせは、当日順位順に5名打ち、又は4名打ちで決定する
・1回戦につき、65分+1局の時間打切あり
・休節ペナルティは1節まではノーペナ
※休節した場合でも会場費は発生します
・2節目以降の休節は、1節につき△20ポイント
・期終了時、上位4名に昇級する権利が発生する(辞退可能。その場合、上位リーグの降級者が助かる)
・対局終了後の研修会への参加を義務とする(約2時間)

※上記にない規定は、基本的に令昭位戦規定に準ずる

Aリーグ

順位 選手名 合計 第1節 第2節 第3節 第4節 第5節
1 千本松紘子
千本松紘子
(栃木県)
172.2 74.6 ▲ 3.1 32.1 7.4 61.2
2 七瀬楓
七瀬楓
(神奈川県)
149.9 21.1 ▲ 52.6 42.3 84.1 55.0
3 白田みお
白田みお
(千葉県)
146.6 ▲ 14.9 9.4 87.0 31.0 34.1
4 里中花奈
里中花奈
(東京都)
76.8 46.4 ▲ 12.6 16.5 ▲ 36.9 63.4
5 小條薫
小條薫
(岡山県)
63.6 17.2 78.1 5.6 4.2 ▲ 41.5
6 新垣有紗
新垣有紗
(神奈川県)
40.4 ▲ 46.0 ▲ 58.8 7.9 44.6 92.7
7 宇野良香
宇野良香
(神奈川県)
37.6 78.0 89.1 4.6 ▲ 57.6 ▲ 76.5
8 汐宮あまね
汐宮あまね
(東京都)
▲ 0.8 ▲ 32.0 13.7 13.7 ▲ 5.5 9.3
9 橋本るり子
橋本るり子
(東京都)
▲ 2.8 35.2 ▲ 11.1 52.6 ▲ 7.9 ▲ 71.6
10 小倉ゆさ
小倉ゆさ
(神奈川県)
▲ 29.7 5.3 ▲ 36.6 ▲ 60.5 50.9 11.2
11 北岡あおい
北岡あおい
(東京都)
▲ 32.9 3.4 ▲ 2.4 ▲ 58.0 24.1
12 増田悠理
増田悠理
(ニュージーランド)
▲ 61.1 ▲ 13.8 ▲ 6.6 ▲ 4.9 ▲ 39.9 4.1
13 岡田智子
岡田智子
(愛媛県)
▲ 61.3 ▲ 45.1 65.1 ▲ 74.3 ▲ 7.0
14 京杜なお
京杜なお
(東京都)
▲ 133.1 ▲ 73.0 ▲ 14.3 ▲ 12.3 13.3 ▲ 46.8
15 朝霧かな
朝霧かな
(山梨県)
▲ 160.2 ▲ 48.8 ▲ 36.1 ▲ 75.3
16 南地祐圭
南地祐圭
(新潟県)
▲ 215.2 ▲ 58.4 ▲ 60.3 ▲ 78.8 18.7 ▲ 36.4

 

 

Bリーグ

順位 選手名 合計 第1節 第2節 第3節 第4節 第5節
1 麻宮あかね
麻宮あかね
(広島県)
115.4 46.1 40.5 24.1 ▲ 19.9 24.6
2 角葉子
角葉子
(埼玉県)
109.4 13.0 61.8 ▲ 27.1 40.1 21.6
3 曽木なつこ
曽木なつこ
(埼玉県)
103.5 57.3 ▲ 12.8 57.4 34.0 ▲ 32.4
4 大槻眞衣子
大槻眞衣子
(茨城県)
99.8 99.8
5 海保さよ
海保さよ
(鹿児島県)
82.0 47.7 67.3 70.9 ▲ 13.8 ▲ 90.1
6 長田美雪
長田美雪
(東京都)
73.5 ▲ 31.4 ▲ 24.5 8.8 32.8 87.8
7 金宮じゅん
金宮じゅん
(大阪府)
70.4 ▲ 30.6 37.6 59.2 4.2
8 だてあずみ。
だてあずみ。
(兵庫県)
65.6 110.1 53.8 47.8 ▲ 53.2 ▲ 92.9
9 荒川真衣
荒川真衣
(京都府)
41.4 ▲ 11.3 ▲ 72.8 25.8 98.8 0.9
10 松波佑芽
松波佑芽
(静岡県)
37.7 55.3 ▲ 48.0 ▲ 19.8 24.5 25.7
11 杉本史織
杉本史織
(北海道)
17.7 ▲ 11.3 59.9 ▲ 71.5 40.6
12 宮咲香
宮咲香
(大阪府)
11.7 ▲ 28.4 ▲ 2.0 ▲ 10.9 ▲ 9.8 62.8
13 加斎那実
加斎那実
(神奈川県)
5.5 ▲ 91.7 13.0 53.5 ▲ 12.9 43.6
14 関向美奈
関向美奈
(青森県)
▲ 39.8 ▲ 1.8 11.2 ▲ 10.6 ▲ 38.6
15 旭茅乃
旭茅乃
(福岡県)
▲ 63.4 31.4 ▲ 65.3 ▲ 3.9 ▲ 25.6
16 空川サラダ
空川サラダ
(埼玉県)
▲ 117.9 ▲ 71.0 ▲ 11.8 16.8 ▲ 51.9
17 野上陽子
野上陽子
(東京都)
▲ 144.0 ▲ 72.1 ▲ 48.7 ▲ 23.2
18 水崎海来
水崎海来
(千葉県)
▲ 150.7 ▲ 47.8 17.2 ▲ 58.8 ▲ 61.3
19 藤乃宮聖
藤乃宮聖
(神奈川県)
▲ 166.4 ▲ 28.7 ▲ 78.5 ▲ 98.4 37.2 2.0
20 石山由乃
石山由乃
(千葉県)
▲ 195.4 ▲ 64.4 ▲ 67.5 ▲ 63.5

 

【歴代優勝者】
第1期優勝(2015) : 白田みお白田みお

第2期優勝(2016) : 南地祐圭南地祐圭

第3期優勝(2017) : 京杜なお京杜なお

第4期優勝(2018) : 里中花奈里中花奈

第5期優勝(2019) : 白田みお白田みお

第6期優勝(2020) : 新倉美紀新倉美紀

第7期優勝(2021) : 汐宮あまね汐宮あまね