2016アースカップ優勝は、SS級ライセンス多井隆晴!






7月末、「夏真っ盛り!」のこの時期。スプリントカップ第三戦アースカップが開催された。

この日はCルール(25000持ち一発赤あり)で、アガリ点が高くなりやすいということで「点棒貸してください!」が飛び交う中、決勝に残ったのはこの4名。

五十嵐薫、松元豊、すずめクレイジー、そして2016前期クライマックスリーグ優勝の当会代表多井隆晴

なんと松元は前回のヴィーナスカップに引き続き連続での決勝進出。
前回の雪辱を晴らせるか。

ポイント差はほとんどなく、オカもあるためトップ者が優勝となる。

立会人の自分としては中立であるべきだが、応援していたのはトッププロである多井に挑む参加者のみなさん。

「みんながんばれ!」という思いで見ていた。

起親からすずめクレイジー、松元、多井、五十嵐。
南家の松元の配牌がいい。

2巡目でこの形。
ドラ

ここから打で混一へ。
と思いきや次巡ツモで打

そしてツモで4巡目リーチ。
ドラ

この松元はアスリート入会となったので、一つ指摘したいのだが、「もったいないよ!」

リーチの時点で、連続系のピンズ一枚余らせて打点は出アガリ5200。
を切っておけば、もう一枚ピンズ引けば跳満クラス。最悪チーしても8000確定。

結果は丁寧に回りながらも、親満イーシャンテンでこらえきれなくなったですずめが放銃。
裏ドラで8000。

東2局松元の親番。
サイコロがうまく配牌がいい。
ドラ

あっという間にドラを重ね赤も引き、リーチを受け仕掛けを入れての4000オールで一気に引き離す。

一本場では、多井と五十嵐の同巡リーチで多井が五十嵐に3900は4200。

東3局。ドラ
すずめが7巡目リーチ。
ドラ

五十嵐も多井の切ったドラをポンして聴牌。
ポン ドラ

ドラを切った多井ももちろんリーチで参戦。
ドラ

三人とも赤がないのに満貫クラスの手。
ギャラリーにも力が入る。
結果は多井のツモで4000オール。

次局は松元が仕掛けて、役牌赤ドラの1000-2000で多井の親をあっさり流し差を広げる。

東4局。ドラ
妙にソーズが安い場。
すずめが赤1の七対子聴牌からを引きリーチ。
ドラ
これを一発でつかんだ五十嵐。河に胡散臭さを感じつつもツモ切り放銃で8000。

南入。ドラ
親のすずめの強烈な打ちまわし。

ポンして
ポン ドラ

ポンして松元が聴牌。
ドラ

ここに五十嵐からリーチ。
ドラ

ソーズバラ切り済みのすずめが、引きでほぼ親落ちと思っていたところに、とあっさり引き戻し。

オリているように見えるすずめに、リーチに対してオリていた松元が放銃。

ポン ドラ
この12000でほぼ振り出しに戻る。

一本場は松元が軽くさばいてすずめから2000は2300。
南2局は五十嵐がタンピンですずめから2000。

南3局。ドラ
多井が果敢に仕掛け、
チー ポン ポン ドラ

ポンで松元も追いつく。
ポン ドラ

しかし松元が先につかみ多井に1500。

1本場。ドラ
またも多井の三副露。松元のポン。
今回は松元がアガリきり、すずめが半ば差し込み気味に1000は1300。

オーラス。ドラ
親の五十嵐から持ち点は141、223、354、282。
親はとりあえず連荘。すずめは跳ツモ、満直。多井は満貫出アガリ、1600-3200ツモ。

まず多井に聴牌が入る。

ドラ

まぁ当然(?)の切り。

そのに五十嵐のチー。

チー ドラ

この仕掛けで何とを喰い取りこの形へ。

ドラ

これは次局に持ち越しかぁと思っていたところ多井からリーチ。

ドラ

このリーチ宣言牌を見て悩む五十嵐。

どうせ鳴けそうにないなら、チーして対子落とせればアガリが見える。

しかしこのがあたりなら100%多井の優勝。

もしくは一発消しを兼ねてのチーで、どちらかの暗刻を一枚落とし回れるか…。

本人の意図がどこまで考えていたのかは聞けなかったが、結果はチーして打

優勝は多井隆晴

正直この観戦記上でも、実際に観戦していた人にも、多井のファインプレー等はなかったと思われる。

見ている側からは当たり前をきちんとこなす。もちろんミスもない。

麻雀好きな皆様ならご理解されていると思うが、それが難しい。

見るのと打つのじゃ大違い。耐える場面を耐え、攻める場面で攻めた。

現在行われている麻雀プロ団体日本一決定戦。

事前アンケートではRMUへの期待が一番高かった。

ファンの期待を裏切らず、これぞRMUという強さをぜひ見せ付けてもらいたい。
皆様、応援よろしくお願い致します!!!




(文中敬称略 文責)


渡辺卓也

渡辺卓也







Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.