Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節




皆さんこんにちわ、成多嘉智です。

上の牌姿、なんと6巡目に一九字牌のかぶりなしでのテンパイです、凄いでしょ?

この牌姿を見たとき、

「今日はもろたでぇ...」

こう思ってしまったのも無理はないでしょう、そうでしょう?

そんなホットスタートなR3リーグ第4節一卓。今回の対戦相手は現在首位の高岡、楢原、嶋崎、丸山の5人打ち。

さて、上の牌姿ですが、半荘1回目から役満のテンパイ、なんとかしてアガりきりたい。

しかしアガリ牌のは序盤から縦の仕掛けを入れていた楢原の手に暗刻、2人テンパイの流局と相成る。

その後も手は入るもののアガリきれず、オーラスの自分の親番へ。

難しい配牌だったものの、ドラがのこの牌姿までもっていき

ドラ

7巡目にをツモって打
場に2枚切れのであったが、これを上家が掴んで12000のアガリをもぎ取り、この半荘を+15pほどの2着で終える。

抜け番であった2回戦目を挟み3回戦。

本日絶好調の楢原の抜け番ということもあり、なんとかここでプラスを増やしたい所。

しかし、そんな思いとは裏腹に序盤から他家のツモに晒され、焦りからか細かな放銃が目立ち始める。

2000や2600のような放銃でも、数が増えればおのずと傷は広がってしまう。
終わる頃には擦り傷だらけの3着となっていた。

3回戦も同じような流れ、追いつめられると自制が利かないのが自身の悪いところとはわかっているつもりではあったが、本日ここまでリーチ後のツモアガリ率0%の男にはその焦りを抑えるのは難しかった。

4回戦、1回戦目の小さなプラスは既に消し飛びマイナス域を漂う自分、最低限この値を維持しなければ最終節へ希望を繋ぐことが難しくなる。

しかし事ここに至ってもいまだにツモアガリが出来ない、なまじ手は入っているだけに、何とかここで一つアガリが欲しい。

そんな中、東4局9巡目に以下の牌姿が入る。

ドラ

ドラの二度受けの部分に絶好のドラ引き、これがアガリきれなければ今日は負けだと覚悟を決めリーチ。

これを4巡後にツモアガり、ここで遅まきながらようやくエンジンがかかり始める。

しかし、自身の親番が流れた南2局で、

ドラ

この5200をダマテンにしていた所、本日絶好調の楢原からリーチが掛かる。

自分が一発で掴んだのは三、危険牌だ。

その時の自分は、この半荘を楢原に取られてしまえば自身のポイント的にも楢原のポイント的にも非常に厳しいと考えていた。

ここは勝負だ、そう思って切ったそのに無情にもロンの声がかかる。
一発がついて8000点の放銃、あまりにも痛すぎる放銃。

これを見ていた先輩方にお話を伺ってみたところ、そこで三を勝負するならばそもそもリーチをしておけばいいのではないかとアドバイスをいただけた。

場に1枚切れということで日和ってしまったが、そこで日和るならばなぜリーチに対しても日和らなかったのか?

アガリ切れると判断したならばそもそもリーチしておくべきではなかったのか?

まだまだ自分が未熟であることを思い知らされた1局だった。

しかし諦めるわけにはいかない。

前期もここで負けたのだ、ここでまた負けるのでは前の自分と何も変わらないではないか。

そう自身を鼓舞し、迎えた楢原の親番。

タンピン系の好形3シャンテンの配牌、ここだ、必ず仕上げて見せる。
ツモを重ね、9巡目にこのテンパイ。

ドラ

リーチして高めをツモれば親番の楢原とは18000点縮まり再びトップ、この全身全霊の手牌をなんと僥倖の一発で高めツモアガリ。

裏ドラはなかったものの、土壇場で楢原を差し返す。

しかしオーラス、実力差を見せ付けるかのような楢原の1300-2600のツモアガリにより、最終半荘は2着という結果に終わった。

2015R3リーグ前期(上位3名昇級)
順位 選手名 合計
第4節
第5節
1 楢原和人
楢原和人
(福岡県)
183.8 2.5 88.5 10.3 82.5  
2 数田一
数田一
(福島県)
116.8 60.4 92.7 ▲34.3 ▲2.0  
3 高岡凛
高岡凛
(北海道)
108.7 0.0 28.6 97.6 ▲17.5  
4 成多嘉智
成多嘉智
(東京都)
99.4 42.5 78.5 ▲11.8 ▲9.8  
5 南地祐圭
南地祐圭
(新潟県)
92.8 25.1 29.9 50.4 ▲12.6  
6 太田雅洋
太田雅洋
(山口県)
88.4 ▲27.6 16.8 65.3 33.9  
7 鴛海聡明
鴛海聡明
(東京都)
72.7 0.0 ▲60.5 152.5 ▲19.3  
8 嶋﨑究
嶋﨑究
(東京都)
34.8 ▲15.5 ▲53.0 156.2 ▲52.9  
9 増田悠理
増田悠理
(ニュージーランド)
4.7 ▲23.7 103.5 ▲45.1 ▲30.0  
10 伊藤遼馬
伊藤遼馬
(神奈川県)
▲0.1 7.4 ▲81.9 ▲22.8 97.2  
11 nowprinting
丸山純
(千葉県)
▲33.1 20.6 ▲38.8 ▲12.6 ▲2.3  
13 竹内志央理
竹内志央理
(広島県)
▲76.3 ▲28.9 38.1 ▲91.7 6.2  
14 大島大輔
大島大輔
(栃木県)
▲86.2 55.3 ▲91.1 ▲20.4 ▲30.0  
15 臼井大樹
臼井大樹
(東京都)
▲97.7 ▲89.1 70.7 ▲28.9 ▲50.4  
16 夏目智依
夏目智依
(山形県)
▲103.0 ▲3.8 ▲2.5 ▲40.7 ▲56.0  
17 小美野光昭
小美野光昭
(東京都)
▲142.0 ▲5.8 ▲77.6 ▲23.2 ▲35.4  
18 高卓君
高卓君
(東京都)
▲161.6 ▲30.0 ▲88.5 ▲92.6 49.5  
19 野上陽子
野上陽子
(東京都)
▲171.3 ▲30.5 ▲58.1 ▲17.6 ▲65.1  


▲9.8pt、まだ自分の100%を出し切れたとは到底思っていない。

最終節、今の自分に出来る最高へどこまで近づくことが出来るか。

半年前の自分を越えることが出来るかどうか。

内容と結果で、必ず示して見せます。


成多嘉智
文中敬称略
文責:成多嘉智

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.