Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


みなさんはじめまして。RMUアスリートの伊藤遼馬です。

R3リーグ第2節のレポートを初めて担当させていただきます。

―――

1回戦はトータル首位の数田が抜け番で起家から鴛海、成多、丸山、伊藤の座順。

東場は手が全く入らず、ラス親ということもあり守備気味に打っていると、各親がなかなか落ちない展開となり、重たい空気が場を覆う。

幸い大物手のアガりが出ていないので焦りはなかったのだが、いざ自分の親番を迎えた時点で点棒は15800点と、かなり削られていた。しかも、大事な親番があろうことかノーテンで流れてしまう。

南場に入っても小場は続き、オーラスの親も見せ場なく終了してしまう。

この半荘で僕の唯一のアガりは、南3局1本場。配牌でダブがトイツでドラ1の手牌をもらう。しかし、残りの形が悪いので序盤にでたはスルーし門前でテンパイを狙っていると、親の丸山からリーチが入る。

その時僕の手牌は

ドラ

ツモときてイーシャンテンになり、親リーチにスジのを押してみる。

次にを引きテンパイ、場况はがドラ表とリーチ者の河に見えている。

は裏スジにあたるが、で放銃するなら安いだろうとカンで親にケンカを売る。

リーチを打つと途中でオリれないので、ヤミテンを選択。

結果は、3巡後丸山がを掴み、5200は5500のアガりになりました。

2回戦は抜け番が成多で数田、伊藤、丸山、鴛海の順で始まる。

東2局の親番でこんな手が入る。

ドラ

ここにツモがフリテンの形なのだが、僕は最高打点を狙う345の三色を見てを切る。

次にを引きテンパイ逃しになるがここは切り。数巡後を引きテンパイ。

三色は崩れたが1番強い待ちでリーチを打てた。

をツモり4000オールの気持ちいいアガり。

次局親を流されてしまうが、南場の親でも一発ツモの4000オールをアガりきる、

しかし、快調に点棒を増やしているのは自分だけでなく、数田も同様にいいアガりを繰り返す。

自分の親が落ち、現状トップは数田で約45000点、2着に僕で43000点。

ここで大きなミスをしてしまう。

トップ争いをしているのが、現リーグ戦首位の数田であることを意識しすぎるあまり、強引にトップを狙いに行ってしまったのだ。

そもそも僕の目標は、リーグ戦昇級。

スコア上のライバルに負けたくないという、前のめりの思考で、真っ向から勝負して返り討ち、親マンを放銃してしまう。

途端に3着に転落し、丸山との2着争いにも敗れ、意気消沈で終了。

後に阿部プロと話す機会がありこの話をすると、「リーグ戦で大事なのは着順ではなく素点」と言われ、2着で終えること、あるいはオーラスまで我慢していれば……と思うとかなり後悔の残る1局でした。

3回戦は振り返りたくない結果となりました(涙) 。

抜け番は丸山で成多、数田、鴛海、伊藤の順。

2回戦のダメージが残っている状態で、早々と数田がソウズのホンイツ仕掛けを入れる。これにあろうことか放銃してしまう僕がいる。完全にボーンヘッド。「下手くそすぎて自分で呆れる、これ以上汚点を残すわけにはいかない」と、その後は慎重に打ちまわすも、手牌とツモがかみ合わず、また、他家のテンパイ速度に追い付けず、防戦一方で南入する。

一人、蚊帳の外です。成多に親が移り、僕の手はバラバラ、後で手詰まりにならないように守り気味に構えていると、8巡目に僕が切ったに成多からロンの声が。

ジュンチャンドラのカンのヤミテンにぶっ刺さり、箱割れ寸前にされる。1回戦から続く成多の親の先制リーチ攻撃にずっと苦しめられていたので、ヤミテンに対しての警戒心が薄れていた。

ここから成多に7本場まで積まれるが、鴛海が1000で蹴ってくれて助かった。このとき僕の点棒は既に箱を割っていた。

まだまだ自分の親番は遠く、1回戦の再現のような局が進まない展開。

成多の次の親も連荘し、供託だけがいたずらに積まれていく時間帯がさらに続いた。

自分でアガりに向かいたいが、とても厳しい手牌で前に出られない、重い空気にしびれを切らしたのか、ダントツ目の下家の成多が鳴きを入れ、局を流しにきた。

これを利用しない手はないと考え、差し込み狙いで喰わせ、そして差す。通行料の放銃を経て、大事なオーラスの勝負どころがやってきた。

希望を胸にサイコロを振る。決して良い配牌ではなかったが、諦めずにアガりを目指しようやくテンパイしたのが終局間際の15巡目。

次局に繋がりホッとしてリーチをかけると、宣言牌に成多がロンの声。

ご臨終……。ここにハコテンのヤキトリちゃんが誕生した。

4回戦は僕が抜け番でこのレポート作りに時間を費やす。

5回戦、抜け番鴛海、起家から成多、数田、伊藤、丸山の並びで開始。

東1局は数田がマンガンを簡単にツモアガり絶好調をアピールする。

東3局僕の親番でこんな配牌をもらう。

ドラ

イーシャンテンである。

ツモ切りが続き8巡目にを引き手が広がる。

いわゆる完全イーシャンテンってやつだが、僕はこの構えがあまり好きではなく、いつもならツモ切ることが多く、共通安牌を残すのが普段の打ち方。

このときもついツモ切りしてしまったのだが、3巡後に戦慄が走る。を引きテンパイを逃してしまった。

結果的にはを後で引きでリーチ。をツモり2600オールとなるが、素直に喜べない自分がいる。負けていて切羽詰まっている分際でくるかもわからない相手の攻めに備え、受け入れを減らしてまで守備を意識するなんて、ヒヨりすぎだ。

で裏目を引いた瞬間に、そう思った。圧倒的後悔!

気持ちを切り替え、次局1本場。ここにもチャンス手が入る。

中盤過ぎに、丸山からリーチが入ったときの僕の手牌がこれ。

ドラ

ここにツモ。テンパイまでまだ遠いが、現物を切れば手が死んでしまうという状況で、僕は無スジの油っこいを1発目に勝負する。

を引きリーチに後スジになったを勝負。そしてをひきテンパイ。

待ちでで三色と8000オールまでみえる手に化けた。

ドラ

リーチ者の河にはがありもある、ヤミテンを一瞬考えたが、僕の押しっぷりにオリ気配の脇の2人が簡単にを切る感じではなさそう。

起死回生のリーチを選択。スーパーひとし君があるなら使いたい局面だが残念無念、1枚切れのを掴み丸山に放銃。

とドラのシャンポンに負け……。

ポキッと僕の心が折れるサウンドが聞こえた。

南場は、数田が親マンを丸山からアガり、抜けた格好でオーラスへ。僕と成多の100点差の2着争いが始まる。

アガり競争で僕も目一杯に手を広げたのだが軍配は成多。

チートイツをアガられ今日絶好調の数田、成多のワンツーでフィニッシュ。

今日は終始、この二人の勢いを止められませんでした。


2015R3リーグ前期(上位3名昇級)
順位 選手名 合計
第3節
第4節
第5節
1 数田一
数田一
(福島県)
153.1 60.4 92.7      
2 成多嘉智
成多嘉智
(東京都)
121.0 42.5 78.5      
3 楢原和人
楢原和人
(福岡県)
91.0 2.5 88.5      
4 増田悠理
増田悠理
(ニュージーランド)
79.8 ▲23.7 103.5      
5 南地祐圭
南地祐圭
(新潟県)
55.0 25.1 29.9      
6 高岡凛
高岡凛
(北海道)
28.6 0.0 28.6      
7 竹内志央理
竹内志央理
(広島県)
9.2 ▲28.9 38.1      
8 夏目智依
夏目智依
(山形県)
▲6.3 ▲3.8 ▲2.5      
9 太田雅洋
太田雅洋
(山口県)
▲10.8 ▲27.6 16.8      
11 nowprinting
丸山純
(千葉県)
▲18.2 20.6 ▲38.8      
12 臼井大樹
臼井大樹
(東京都)
▲18.4 ▲89.1 70.7      
13 大島大輔
大島大輔
(栃木県)
▲35.8 55.3 ▲91.1      
14 鴛海聡明
鴛海聡明
(東京都)
▲60.5 0.0 ▲60.5      
15 伊藤遼馬
伊藤遼馬
(神奈川県)
▲64.5 7.4 ▲71.9      
16 嶋﨑究
嶋﨑究
(東京都)
▲68.5 ▲15.5 ▲53.0      
17 小美野光昭
小美野光昭
(東京都)
▲83.4 ▲5.8 ▲77.6      
18 野上陽子
野上陽子
(東京都)
▲88.6 ▲30.5 ▲58.1      
19 高卓君
高卓君
(東京都)
▲118.5 ▲30.0 ▲88.5      


二人は摩天楼。僕は翼の折れたエンジェル。月とすっぽんです。手痛いマイナスを負ってしまいました。

でも、麻雀は勝ったときより負けたときの経験のほうが大事だと思います。

今日の経験を次に活かし、少しずつ前に歩いていきたいです。

最後に、拙文を読んでいただき、ありがとうございました。




伊藤遼馬
文中敬称略
文責:伊藤遼馬

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.