Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


皆さん、こんにちは!

今期よりアスリート選手としてRMUに加入した太田雅洋です。

2015年前期R3リーグ第1節のレポートを担当することになりました。

拙い文章で本当に申し訳ありませんが、どうぞ御了承頂き、最後まで目を通して頂ければ幸いです。

少々、自己紹介をさせて頂きますと、今月に47歳を迎え、『年中夢求』をモットーに日々を送っています。

約6年前から俳優の道を志し、さらにこの度、大好きな麻雀の道をこちらで極めて行きたいと思い加入を決めました。麻雀道で、一花咲かせたいと思っています。


さて、今節の対局は…

大島ー臼井ー数田ー太田。
大島氏以外は、今期よりデビューの新人3人での第一節となりました。

結果から言えば…1-3-3-4の▲27.6で終了。

良い場面もありましたが、自分なりに気付いた点、今後の課題と思う点を振り替えってみたいと思います。

①印象に残ったアガリ手
②印象に残った失点
③課題局

これらをメインにレポート致します。


一回戦
親から臼井ー数田ー太田ー大島

初戦ということで、結果が欲しい…そう思ったのは自分だけでしょうか!?

流局もあり、親の臼井が4本場まで積んだ後、東2局1本場

親の数田から9巡目に切りでリーチ。

その時、自分の手牌が

ドラ

一瞬、チーを考えたが、山に手を伸ばすと、ネックのを引き入れ、メンホンのイーシャンテン。

12巡目に下家の大島よりが打ち出され、ポンテン。

同巡、親の数田のツモ切った牌がドラので、8000は8300のリーグ戦初アガリ。

印象に残るなんとも嬉しいアガリができ、迎えた親番で、ハイテイ一発ツモの4000オールをアガリ、気持ちにゆとりができ、初戦をトップで終了する!


二回戦
親から、太田ー臼井ー数田ー大島

南3局まで、ほぼ四人の横バイ状態…

しかし、親番迎えた数田が、臼井より対々ドラドラの12000をアガる。

そして一本場を経て、オーラス。
ここが、今回の課題局かと思います。

これを読まれた方々のアドバイスを頂けると幸いです。

南4局 ドラ
東家 大嶋 34300
南家 太田 31000
西家 臼井 14500
北家 数田 40200

自分は現在3着目。
3900出アガリで2着、満貫ツモでトップ…そんな状態での配牌を手に取ると…


という、ドラ面子出来上がりの好配牌!!

1巡目 ツモ→打
2巡目 ツモ→打
3巡目 ツモ→打

3巡目にこのテンパイ!
ドラ

さて、ここでリーチを打てば、出アガリ2着!ツモるかツモでも裏ドラ1枚でトップ!

皆さんなら、どう考えられるのか…。

今後の参考にさせて貰いたいと思っています。

自分は、純チャンやチャンタも考え、ダマで進めていき、次巡にを持ってきて切りで、さらにダマで進めていくことになる。

その後、とダマで押すが、西家の臼井よりリーチが入る。

同巡に親の大島よりが打たれ、北家の数田からロンの声!
2000点となり、終了となる。

色々な分岐点があり、6巡目のに振替えも考えたがそのままで進め、をツモ切った同巡に、トップ目の数田よりがツモ切られる…。

単騎でのリーチを打てば、出アガリ跳満だったので、4巡目にリーチでも良かったのか…

様々な想いが、今、このレポートを書きながらも、頭を駆け巡る。悔やんでしょうがないのは、分かっているが。


三回戦
前回のオーラスのことが、頭から離れずにスタートする。

親から太田ー臼井ー大島ー数田

東1局
ドラ

この形でのイーシャンテン。

を引き入れて、切りリーチを打つ!

同巡に北家の数田が、切りリーチと追いかけてくる!

オカルト派!?的な自分には、入り目のを打たれたこと、前回のオーラスの事があり、とてもイヤな気持ちになっていた。

しかし、数巡後にをツモ。
裏ドラとなり、2600オールとなる!

何とか、このアガリで気持ちを建て直すことができ、今回はトップを取り、ポイントを積み上げしたかった。

逆にこの気持ちが、マイナスに働いたのか。

迎えた、東1局 1本場。

この局は、今節の一番の中途半端な麻雀だったと、反省してる局です。とても痛い失点でした。

中盤にさしかかろうという時、

ドラ
この手牌でした。

西家の大島が、ソーズのホンイツ模様。

ここから生牌のドラを押してまでは勝負が出来ないと思い、一度を打つ。

次巡にを持ってきて、ここでを打ちダマ。

ソーズが高い場だったので、非常に、安いピンズの待ちにしたい気持ちがあった。

さらに次巡、を持ってきて、打とし、
ドラ

これでさらにダマ。

ここが、攻めるための分岐点だったかと思ったのですが、慎重に…との思いから、ダマを選択。

ここは、リーチを打って他家の進行を止めることが必要だったかと。

ダマで進めていくうちに、北家の数田がと手出しで払い、リーチが入る。

一発目に掴んだ。これは待ちに待った牌だった!!

切りで待ちで、『リーチ』と発声した途端に、数田より『ロン』の声!

ドラ 裏ドラ

何と一発で8000は8300の打ち込みとなる。

試合後、この時に数田に確認したところ、自分がリーチを打ってたら、押す形になってなかったので、オリていたとのこと。

慎重に打ち回したつもりが、臆病な打ち回しになってしまったと…とても反省した一局でした。

このあとは、全く良いところ無しで、終了。


四回戦
親から臼井ー数田ー太田ー大島

東2局の数田の親番。

親満を2度アガり、抜け出る。

独走をさせたくない3人も食い下がるが。

南1局 0本場

ダントツトップの数田より、リーチが入る!

数巡後にのノベ単をツモ! なんと裏ドラがで、2000-4000のアガリとなり、今回はほぼトップ確定となる。

最後は、自分が『点棒を貸して下さい』と、立会人に言う始末。

あぁ~なんと恥ずかしい。

これも、自分がしっかり打つ事が出来なかった為に起こったことなんだ。

今後は、こういうことにならないように、しっかりと麻雀道を極めて行きたいと思った次第です!


2015R3リーグ前期(上位3名昇級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 数田一
数田一
(福島県)
60.4 60.4        
2 大島大輔
大島大輔
(栃木県)
55.3 55.3        
3 成多嘉智
成多嘉智
(東京都)
42.5 42.5        
4 南地祐圭
南地祐圭
(新潟県)
25.1 25.1        
5 nowprinting
丸山純
(千葉県)
20.6 20.6        
7 伊藤遼馬
伊藤遼馬
(神奈川県)
7.4 7.4        
8 楢原和人
楢原和人
(福岡県)
2.5 2.5        
9 夏目智依
夏目智依
(山形県)
▲3.8 ▲3.8        
10 小美野光昭
小美野光昭
(東京都)
▲5.8 ▲5.8        
11 嶋﨑究
嶋﨑究
(東京都)
▲15.5 ▲15.5        
12 増田悠理
増田悠理
(ニュージーランド)
▲23.7 ▲23.7        
13 太田雅洋
太田雅洋
(山口県)
▲27.6 ▲27.6        
14 竹内志央理
竹内志央理
(広島県)
▲28.9 ▲28.9        
15 高卓君
高卓君
(東京都)
▲30.0 ▲30.0        
16 野上陽子
野上陽子
(東京都)
▲30.5 ▲30.5        
17 臼井大樹
臼井大樹
(東京都)
▲89.1 ▲89.1        


第一節終わって、同卓者二人が上位にいる形になりました。

自分はマイナススタートと、終わってみれば良いスタートとはなりませんでしたが、残り四節をしっかりとポイントを積み上げ、最後には、トップで終了し、次の上のステップへ進みたいと思っています。その野望!?を実現するために、日々精進していきたいと思います!


最後に…
最後まで目を通して頂き、ありがとうございます。
感謝!!



太田雅洋
文中敬称略
文責・太田雅洋

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.