Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


R2のレポートは小林景悟がお届けします!


高い手を作る、そしてアガる。

できるだけメンゼン。鳴くなら5200以上。東場はフルスイング。南場は点差によって打牌を決める。

この日の自分はとにかく高い手ができた。

ドラ
(配牌から決め打ち 迷いなしの会心作)

ポン ドラ
(10枚チンイツドンジャラ理論大成功)

ドラ
(チーテン4回取らず)

ドラ
(チーテン2回取らず流局間際のテンパイ)

ドラ
(イーシャンテンで出るもポンテン取らず)

ポン ポン ドラ カンドラ
(ラス→トップの条件できた!)

ドラ
(2000点アガれば4着→トップになれるオーラス 4巡目!)

極めつけが、親で、

ドラ
(いつもこういうのアガった後に手が震えるから気をつけないと…)

競技の公式戦。寿命を縮めてでもアガりたい手ばかりでしょう?

でも、全部、アガれないんだな、これが!

国士にいたってはヤオチュウ牌を三者に4種類も押され、当たり牌だけは出てこない始末!

どれも、手なりではなく明確に意思を持った。それだけは認めたい。

鳴けば有利かもしれないけど、耐えれば4ハン以上になる。そういうところでとことん耐えて、その我慢が今日はつくづく悪い方に出た。耐えてテンパイしても、追いついた脇に足をひっかけられた。ここに書いてないけれど、鳴くべきところを鳴けなかったところも多い。放送対局だったら、また「小林だけが格下」と叩かれていたでしょう。

高い手を作る、そしてアガる。そこにもう少し柔軟性が欲しい今日この頃です。

2015R2リーグ前期(上位3名昇級、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 小室貴洋
小室貴洋
(愛知県)
101.0 61.1 39.9      
2 楢原和人
楢原和人
(福岡県)
92.0 50.6 41.4      
3 南地祐圭
南地祐圭
(新潟県)
54.4 25.4 29.0      
4 宮本卓
宮本卓
(長野県)
39.1 88.6 ▲49.5      
5 津田挙士
津田挙士
(大阪府)
11.1 ▲15.9 27.0      
6 江原翔
江原翔
(北海道)
▲2.7 ▲11.6 8.9      
7 半田直樹
半田直樹
(群馬県)
▲5.9 3.1 ▲9.0      
8 野村祐三
野村祐三
(神奈川県)
▲12.7 ▲15.3 2.6      
9 白田みお
白田みお
(千葉県)
▲25.8 ▲59.9 34.1      
10 山下健治
山下健治
(東京都)
▲25.9 ▲2.4 ▲23.5      
11 伊藤太
伊藤太
(神奈川県)
▲33.8 ▲79.2 45.4      
12 梁瀬健太郎
梁瀬健太郎
(長崎県)
▲47.6 ▲31.8 ▲15.8      
13 小林景悟
小林景悟
(東京都)
▲47.6 29.2 ▲76.8      
14 数田一
数田一
(福島県)
▲56.0 ▲20.9 ▲35.1      
15 鈴木智憲
鈴木智憲
(北海道)
▲71.6 ▲43.0 ▲28.6      




小林景悟
文責:小林景悟


R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.