Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


2015年前期R2リーグ最終節のレポートを山田が担当します。

トータル首位で迎えた最終節、とはいっても3位の白石までほとんど差はなく、1回のトップ、ラスで簡単に入れ替わる。さらにそんな状況になろうものなら下位者の標的になってしまい、優勝はおろか昇級すら危うくなってしまうほどのポイント差である。

さて最終節の相手は、白石、野村、小林、白田

1回戦 抜け番

開局、親番の白石が淀みない手順でリーチ。

東1局 ドラ

ドラ

をあっさりツモって2600オール。

続く1本場は、小林がリーチ

ドラ

ロン ドラ

8000は8300を白石からアガリ返す。

さらに東2局、白石が積極的に仕掛けて加点する

ポン ミンカン ツモ

1600.3200

序盤から上位陣が加点して、早くも昇級争いが混沌としそうな予感。

早いうちに加点して下位の追随を許さない状況にしたいところだが、1年半このリーグで戦ってきて、楽に勝たせてくれる相手ではないことはわかっている。

結局、他力ではなく自力で決めに行かないといけないんだな、と気を引き締めて2回戦の卓についた。

2回戦

東1局から小気味よくアガリを拾った白田が、東3局の親番で連荘し始める。

2600オール、1000は1100オールと快調に点棒を集め、早くも独走態勢。

一人聴牌を挟んで、続く3本場 ドラは

野村が変則的な捨て牌をしているにも関わらず、この連荘を止めたい気持ちが先に立ち、8巡目に前懸かったリーチをしてしまう。

ドラ

フラットな状況ならまだしもこのリーチに手応えは感じていない。

親の白田がドラのが河にでていたのを見て、高い手は親のメンタンピンぐらいだろうと、思っていたが、その予想を遥かに上回る手で追っかけリーチが入る。

ロン

当然のように高めのサンショク12000は12900を放銃して、15000点のラスに転落という最悪の結果となる。

こんな焦ったリーチをしているようでは、優勝はおろか昇級すらできないなあ…。

と反省してすぐに立て直しにかかる。

南3局 本日初のチャンス手をもらう

ドラはで、6巡目に以下の手でリーチ

ドラ

またしてもトップ目の親の白田に追っかけられるが、今度は白田から出アガリ。

雀頭のが裏ドラになって、待望の12000をアガリ、2着で終了。

このアガリをきっかけに3回戦目はツキの後押しもあり、危なげない内容でトップ。

これで昇級がかなり濃厚になってきたが、まだわからない。

4回戦

白石と野村が、昇級をかけて一気に猛ラッシュをかけてくる。

東1局 ドラ

白石
ドラ ロン 12000

東3局 ドラ

野村
ドラ ロン 3900

東4局 ドラ

野村
ドラ ロン 8000

南2局 ドラ

野村
ドラ ロン 7700

流石に今回のトップは野村と白石のどちらかだろうとを脇でみてるだけ、幸いなことにすべて脇決着で持ち点はほぼ原点、このまま終わっても良しとしていた。

南2局 1本場 ドラ

以下の配牌をもらう

ドラ

点数が欲しい状況下ではなんとも辛い配牌だが、アドバンテージがあると全く違って見える。

ホンイツかチャンタか七対子か、はたまた…。

と切り出して、この手が7巡目にテンパイを果たす。

捨て牌



待ちは他家がそれぞれ1枚ずつ捨てている3枚切れの、山に浅ければアガレそうだなと考えるまもなく、すぐに出アガリ32000は32300。

不思議なもので、ポイントに余裕がある時こそ加点しやすい状況になりやすい。

このアガリで、一気にトップ目に立ち、優勝を決定づけるアガリになった。

2015R2リーグ前期(上位3名昇級、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第5節
1 山田田
山田田
(福岡県)
253.8 101.3 24.4 7.4 0.5 120.2
2 大仲勇樹
大仲勇樹
(東京都)
139.4 13.8 22.0 104.8 ▲29.2 28.0
3 渡辺卓也
渡辺卓也
(栃木県)
94.7 38.0 ▲69.3 ▲36.1 130.0 32.1
4 江原翔
江原翔
(北海道)
86.3 ▲28.8 72.1 51.2 ▲24.7 16.5
5 白石温郎
白石温郎
(福岡県)
59.9 ▲23.8 78.9 ▲4.6 52.4 ▲43.0
6 小林景悟
小林景悟
(東京都)
37.9 19.3 16.0 ▲18.9 27.4 ▲5.9
7 野村祐三
野村祐三
(神奈川県)
29.7 30.0 14.7 ▲20.9 44.1 ▲38.2
8 湯澤栄鎮
湯澤栄鎮
(千葉県)
12.7 ▲30.0 19.7 ▲53.7 ▲4.1 80.8
9 宮本卓
宮本卓
(長野県)
▲14.4 14.8 63.8 ▲24.3 ▲14.7 ▲54.0
10 小室貴洋
小室貴洋
(愛知県)
▲50.2 ▲47.3 ▲56.1 55.6 ▲38.4 36.0
11 白田みお
白田みお
(千葉県)
▲62.9 1.2 ▲47.6 46.5 ▲29.9 ▲33.1
12 梁瀬健太郎
梁瀬健太郎
(長崎県)
▲78.4 ▲16.0 ▲53.6 40.7 ▲25.9 ▲23.6
13 伊藤太
伊藤太
(神奈川県)
▲158.6 ▲42.7 ▲24.0 ▲98.7 0.0 6.8
14 羽木宏幸
羽木宏幸
(埼玉県)
▲182.8 5.3 ▲50.3 ▲5.9 ▲79.1 ▲52.8
15 半田直樹
半田直樹
(群馬県)
▲202.1 ▲66.1 ▲11.7 ▲44.1 ▲8.4 ▲71.8


思えば、今期第一節の初アガリも国士で、国士に始まり国士に終わったリーグ戦でしたが、内容的にも自分なりに納得のいく戦いができました。

1年半ぶりのR1復帰になりますが、R2リーグで学ばせてもらった事を忘れずに、これからも精進します。

山田田
文中敬称略・文責:山田田

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.