Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


RMUアスリート野村祐三です。

R2リーグ第四節のレポートを書かせてもらいます。

最後まで目を通してもらうと幸いです。

———

私にとって昇級に向けての正念場となってしまった第四節。ここで負けると昇級の黄色信号どころか、赤信号も灯しかねない山場。

現実的にポイントを40くらいは加点して最終節を向かえたいところです。

会場はいつもの「ばかんす」から変わり「柳八丁堀店」で行われた。

対戦相手は、山田、宮本、白田。 宮本プロとは四節連続の対戦、最高位戦クラシックの決勝に残った実力者。

昇級するためには越えなければならない壁である。

一回戦
点棒がツモ和了りなどでジリジリ削られてむかえた東三局親番5巡目で以下の牌姿

ツモドラ

正直和了りは苦しい形、受けも考え七対子を狙いを捨てる。

このチョイスが結果論だが悪く出る。表示牌のをあっさり引きを立て続けに2枚、ソーズでもメンツが出来てあわよくば以下の牌姿になっていた。

ドラ

途中山田からの立直が入りは1300の放銃となっていたが、宮本からも立直が入り倍満の親被りとなる。

もちろん局の途中でが放銃牌とは知らず、自分が和了り逃しをしたために倍満の親被りをした結果が心に深く突き刺さる。

オーラス三着を取るべく役牌を仕掛けるも、一貫性無く打点を追う打牌をしたら親の山田pに7700を打ち上げてしまう。

そのままラスで終了。 トータルポイントもマイナスになり、昇級に向けて黄色信号が灯ってしまう。

だが逆にこの内容も悪いラスによって、気持ちの開き直り、ポイントは気にせずしっかり打ち切ろうと上手く心の切り替えも出来た。

二回戦 東一局

一回戦のオーラスに捲くられはしたものの、好調の宮本の跳満のツモ和了りからスタートする。

東二局、好牌配に恵まれ今節の初和了りとなる。

3巡目の牌姿が
ツモドラ

がもっとも受け入れが広く三色手替わりもあることは当然承知していたが、最低打点は立直しても1300になる可能性がある。

私は2600が確定するマンズを払ってみた。

次巡ツモで立直、私の河には(立直)しか並んでなく待ちは絞れない。これを宮本pから出和了り、安いが自分の思い通りに事が進んだことが気持ち良い。

東場の自分の親番流れたものの、東四局の宮本の親番で8巡目に以下のテンパイが入る。

ドラ

自分で二枚使っている。ドラも無く普段はヤミテンに構えることが多いが上家の山田の捨て牌の序盤にがあり僅かなりとも場況は良い。

昇級を意識するなら立直もありだと思った。親の宮本にドラのポンが入りヒヤヒヤしたものの終盤にをツモ和了り5200の加点。

南場に入り5200を再び加点したが、親番で宮本の満貫ツモ和了りで捲くられてしまいオーラス満貫ツモ差でツモが効き、以下のテンパイが6巡目に入る。

ツモドラ

これを僥倖の一発ツモ裏三枚で倍満のツモ和了り。

一回戦をチャラにしてお釣りがくるポイントになった。

三回戦
東三局私の親番で以下の牌姿

ツモドラ

七対子の一向聴でもあるが面子手を選択するなら切りか?とも思ったが、が場に二枚出ていてピンズが場に安い。

私はドラをツモる前から一盃口のカンに狙いを定めていたこともありの対子落としを選択。次々巡狙い通りツモ、河もが切ってあり中筋となって、ツモ和了りと出和了り両方の期待を込めて立直とした。

これを白田から出和了り裏1枚で18000の和了りとなり、この半荘を決定づける。

さらに南一局白田の親番で更に手が入る。

ツモドラ

切る牌はドラかで決まりだが順番をどうするか?

ドラ、の順番だと鳴いてテンパイが入る場合清一色、混一色が相手にバレやすい。門前でも一色手の警戒心はかなり上がる切り順ではあるが、が入った場合マンズの六面張で立直を打つつもりで構えていて、さらには0枚余しの清一色の聴牌が入ることは確定しているので、まだ一向聴と読んだらマンズが出てくることも考え危険度の高いドラの先切り。

次巡一通確定の引きでヤミテン。

残念ながら3900の横移動で終わってしまったが、そのまま大きな失点をすること無くトップ終了。

四回戦 東一局

手牌は悪く受けも考え七対子も考え切ったがちょうど山越しの形で5200を宮本に放銃、そのままツモ和了りなどで削られ南一局北家で17000点くらいのラス目。

そこから役牌のポンテンの1000点を2回和了る。

点棒が欲しい状況ではあるが、ツモ和了りされて点棒が減るよりもましと考えラスも覚悟での和了り。

手牌的に自然なポンテンだったためか、ホッとした感じだった。

南三局もポンテンの構えで以下の牌姿 。

ツモドラ

字牌は安かったがだけが生牌。

ポンするつもりだったが引いたのは、ドラ表示牌では和了れる気もせずヤミテン。

そうしていると親の宮本から立直が入る。

捨て牌的にも打ち筋的にも、ドラは最低1枚面子にありそうな立直。

三段目に入りツモった牌はドラのは裏筋ではあったが打点充分なので勝負に行った。

これを一発高めので宮本から出和了り12000。

トップ目の宮本から和了れたためオーラスで31000点台のトップ目に立ったが、全員が痺れる点差になる。

放銃は即ラス、和了れば連荘だが軽い和了りはしたくない難しい局面。

結果は山田が2600を和了り二着終了。ラス目だったことを考えれば上出来の結果。

2015R2リーグ前期(上位3名昇級、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第4節
第5節
1 山田田
山田田
(福岡県)
133.6 101.3 24.4 7.4 0.5  
2 大仲勇樹
大仲勇樹
(東京都)
111.4 13.8 22.0 104.8 ▲29.2  
3 白石温郎
白石温郎
(福岡県)
102.9 ▲23.8 78.9 ▲4.6 52.4  
4 江原翔
江原翔
(北海道)
69.8 ▲28.8 72.1 51.2 ▲24.7  
5 野村祐三
野村祐三
(神奈川県)
67.9 30.0 14.7 ▲20.9 44.1  
6 渡辺卓也
渡辺卓也
(栃木県)
62.6 38.0 ▲69.3 ▲36.1 130.0  
7 小林景悟
小林景悟
(東京都)
43.8 19.3 16.0 ▲18.9 27.4  
8 宮本卓
宮本卓
(長野県)
39.6 14.8 63.8 ▲24.3 ▲14.7  
9 白田みお
白田みお
(千葉県)
▲29.8 1.2 ▲47.6 46.5 ▲29.9  
10 梁瀬健太郎
梁瀬健太郎
(長崎県)
▲54.8 ▲16.0 ▲53.6 40.7 ▲25.9  
11 湯澤栄鎮
湯澤栄鎮
(千葉県)
▲68.1 ▲30.0 19.7 ▲53.7 ▲4.1  
12 小室貴洋
小室貴洋
(愛知県)
▲86.2 ▲47.3 ▲56.1 55.6 ▲38.4  
13 羽木宏幸
羽木宏幸
(埼玉県)
▲130.0 5.3 ▲50.3 ▲5.9 ▲79.1  
14 半田直樹
半田直樹
(群馬県)
▲130.3 ▲66.1 ▲11.7 ▲44.1 ▲8.4  
15 伊藤太
伊藤太
(神奈川県)
▲165.4 ▲42.7 ▲24.0 ▲98.7 0.0  


———

目標である+40を越えることが出来てホッとした感じです。

最終節、昇級を見据えて打てるには、絶好の位置取りにつけることが出来ました。

R2も長い期間いるのでそろそろいいでしょう(笑)と前向きに考え、内容良く打ち切りたいと思います。

最終節はR1が別日のため、ゆったりとしたスペースで観戦することが出来ると思います。是非とも足を運んで頂けると嬉しいです。

野村祐三
文中敬称略
文責・野村祐三

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.