Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


2015年R1第二節リーグレポートを、前節100マイナスでダンラスポジションの鶴海ひかるがお届けいたします。

まず、前回100point負けた経緯から。

第一節ということもあり、いっぱい攻めようと意気込むも一半荘目からリーチが空振り続け、4,3,3。

それでも、素点は小さめのマイナスで済んでいました。

そして最後の半荘。

焦りもあったのか、精度の低いリーチをひたすら打ち、結果的に大量の点棒を減らす展開に……。

詳しく述べると、親からのリーチに無謀な追いかけリーチをかけてしまい、結果は当たり牌をつかみ、7700の放銃。

さらに、タンヤオ三色で先制リーチに追いかけ、宣言牌で出来あい三色の8000点に放銃。

3枚見え、2枚見えの、平和のみリーチを打ち、親のリーチ七対子ドラドラ裏裏の18000に放銃。

……という感じで、順位点で40point、そして素点で6万点削られた第一節でした。


第二節、R1下位卓のメンバーは藤中、月島、山田、宮田、そして私。

いつもぷらぷらと降級ゾーンにはいますが、毎回なんとか滑り込み、R1に上がってから今回三期目のリーグ戦。

宮田や、月島、藤中とは何度か同卓していましたが、山田とはリーグ戦では初対戦です。


最初の抜け番は藤中。

東1局に早速西家の宮田が仕掛けます。、とポンしてソウズが切れてない河。

ドラは

私は宮田の上家であり、手牌もよくなかったため、鳴かれなそうな牌を切りながら、手をゆっくり進めます。

すると絞っていたソウズ周りと、ドラも引き入れ、待ちのピンフドラのテンパイ。リーチ、と行くと宮田の手から手出しが入り、次巡宮田が1000-2000のツモ。

その後は先制リーチが入り、周りがオリる展開が続き、南入します。南入時点ではリー棒を出したりテンパイがとれなかったりで、トップまで1万点以内のラス。


南場の親で1000オールをツモアガり、次局親番1本場。

ドラ

ピンズが安く、マンズが高いのでカンの受けを残します。鳴いて三色同刻、と思うも何も鳴けず、を引き入れ、ドラはありませんがリーチ。

これを仕掛けている宮田から出アガリ、3900は4200。

親番を気持ちよく続行と思いきや、山田の2000-4000二本場親かぶり。

山田はこのアガリで他者を離します。

そして迎えたオーラスに山田と8900点差の2着で、ドラは。ラス目で親の月島がピンズの123を仕掛けます。

そこにトップ目の山田がリーチ。そしてリーチ後に持ってきたをカン。

私はというと、雀頭のが新ドラになり……。

ドラ カンドラ

は月島が1枚切っているので、目に見えて5枚枯れている

リーチをかけたらリー棒がついてトップですが、ダマでも直アガリすればトップ。が手牌で1,2枚使われていることは予想できたので現物のを切りダマにしました。

するとが出て、5200+1000のアガリで2着終了。

次の半荘も山田が走る展開。

2000-4000などツモアガり、小さいながらもトップ目。東ラス北家、ドラで西家の宮田から切りリーチが入ります。


ドラ
と持っていた私。

現物のを切ると親の藤中がを通します。

次巡、ツモ。リーチにが切れており、が三枚見えたためはワンチャンス。

ドラ表示牌のカンチャン待ちでリーチも考えましたが、が通しやすくなり、を引いたら七対子ドラドラで押し返そう、と考えダマ。

結果、5200の出アガリとなります。

そのリードをオーラスまで保ち、2着で終了。

3半荘目は東1局に無謀な攻めで、親に12000の放銃。

藤中がそこから12000、4000オールと他を突き放します。私は8000点を脇からアガリ、東1局の12000が痛恨の3着。


4半荘目はなんと2時間超のロングゲーム。

私は順位が最下位のため、5半荘目が抜け番。4回連続で、花粉症が限界になり、同卓のみなさんには大変迷惑をかけました……。ずっと鼻をグズグズ……。

東二局、私の親番、ドラは。藤中が7巡目にを切って先制リーチ。

私の手牌はというと、

ドラ

タンピンドラ、うまくいくと三色までつくイーシャンテン。

「オリない!!!!!」と思いきや、上家の月島もその様子でリーチの一発目に

私は、不要牌をツモ切り。

二巡後に月島が追いつき、二件リーチ。私はまだ、追いつきません。

そこでおとなしくしていたように見えた山田からもリーチが入ります。

次巡ツモ。もちろん私もリーチを宣言!

4件リーチの軍配は、一番テンパイが速かった藤中にあがります。単騎七対子の1600-3200。

リーチ棒が4本付き、美味しいアガリをものにした藤中、そこからも一人テンパイなどで点棒を重ねます。


南1局、今度は親の月島が本場を積みます。


4本場にダブが暗刻。良形イーシャンテンで4巡目に親のリーチを受けます。

月島の捨て牌は、字牌、字牌、字牌、。愚形もあるかと押した牌が12000の痛恨の放銃となりました。


他者が月島の親をけり、やっと回ってきた親番。

ドラ

から切っていくとと引き入れます。上家の月島はをポンしてソウズ模様。

7巡目

ドラ

が3枚ずつ見える状況でをブロックしているので、ペンに受け、18000点の出アガリ。


次局ドラ

ドラ

5巡目で切りを考えましたが、リーチをし7700の出アガリ。オーラスは2着目の藤中に1000点を差し込み、トップで半荘を終了します。


マイナスを少し減らした4半荘。自分の我慢が足りないところが目立ち、「もっと加点できた」「素点を減らさないようにできたなぁ」と感じる局面がありました。


日々鍛錬!

2015R1リーグ前期 (上位2名クライマックスリーグ出場権利、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 江澤陽一
江澤陽一
(群馬県)
92.6 71.1 21.5      
2 石川泰之
石川泰之
(東京都)
80.8 54.9 25.9      
3 萩原亮
萩原亮
(東京都)
56.7 ▲15.0 71.7      
4 中村浩三
中村浩三
(熊本県)
50.0 ▲0.8 50.8      
5 安達瑠理華
安達瑠理華
(北海道)
39.0 61.6 ▲22.6      
6 渡辺卓也
渡辺卓也
(栃木県)
35.4 17.8 17.6      
7 仲川翔
仲川翔
(神奈川県)
12.1 44.0 ▲31.9      
8 渡辺太郎
渡辺太郎
(東京都)
3.0 30.6 ▲27.6      
9 大仲勇樹
大仲勇樹
(東京都)
▲7.8 28.0 ▲35.8      
10 月島ひかる
月島ひかる
(大阪府)
▲37.5 ▲40.7 3.2      
11 山田田
山田田
(福岡県)
▲39.7 ▲49.2 9.5      
12 北島路久
北島路久
(静岡県)
▲42.8 27.8 ▲70.6      
13 藤中慎一郎
藤中慎一郎
(東京都)
▲65.7 ▲40.6 ▲25.1      
14 鶴海ひかる
鶴海ひかる
(東京都)
▲70.1 ▲103.6 33.5      
15 宮田信弥
宮田信弥
(鳥取県)
▲109.0 ▲85.9 ▲23.1      


次は11/29 イイ肉の日がリーグ戦です!

今期からR4が新設され、二会場で実施しておりますが、R1リーグは神楽坂ばかんすでご覧いただけます。

観戦は自由ですので、ぜひお越しください。



鶴海ひかる
文責:鶴海ひかる

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.