Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


2015年度後期R1リーグ第1節のリーグレポートを担当します、渡辺太郎です。よろしくお願いいたします。


私は前期でクライマックスリーグの権利を獲得しているため、「降級して権利を失わない事」が今期の最低限のテーマ。もちろん1つでも上の順位、優勝も狙っていきたい。


今回の対戦相手は中村、宮田、萩原、江澤の5人打ち

1回戦 抜け番

江澤が
ポン ポン

この聴牌で場に緊張が走る。数巡後安めのをツモ。
このアガリが決め手となり江澤がトップ

2回戦 萩原、宮田、江澤、渡辺

東2局 ドラ

ドラ

が3枚見えているのとドラ受けを残す為切り。
次巡ツモで裏目を引くも、2巡後に嬉しいツモ。ピンズがかなり安くカンがよく見えるのでリーチ。

親の宮田から追いかけられヒヤリとするも、無事をツモり2000.4000のアガリ。

ツモ ドラ


その後は思うように加点できず南入。

南1局 ドラ

宮田の早いダマテンに放銃。ドラのが3枚使われているピンフで痛恨の8000放銃となった。

南4局 1本場

2着で迎えた親番。3着の萩原とは3100点差

終盤、萩原がの暗槓で臨戦態勢。1人ノーテンと萩原の一人聴牌で着順が変わってしまうので私も聴牌を目指すのだが、厳しそう。こう思っていたところに宮田の仕掛けが入る。

江澤がオリ気配なので宮田がテンパってくれれば流局時2着を守れる。自分の手が厳しいので萩原に鳴かれなそうな牌を打つ事を選択。

結果は宮田、萩原の2人聴牌でなんとか2着キープすることができた。トップは江澤で連勝となった。


3回戦 渡辺、江澤、萩原、中村

東1局 ドラ

江澤からリーチを受けるも、待ちのピンフで追いつく。が現物だが親なのとがドラなのもありリーチを選択。萩原からを一発でアガリ、裏ドラも乗り12000の収入。

東2局

親の江澤がリーチ。

その後、萩原が追いかけ2軒リーチになり手詰まる。親の現物を打つか萩原の宣言牌の筋のを打つかの選択になる。自分からが3枚見えていたこともありを選択。これが萩原のカンにアタリとなり、8000点の放銃。この放銃がこの日一番の反省点だろう。今になって振り返ると通りそうな無筋を選べたようにも思う。こういう所の守備力が今後の課題となりそうだ。

この放銃がひびき、僅差とはいえ中村、江澤に捲られ3着目でオーラスを迎える

3人が3000点以下の差なのでアガリ競争となったが、リーチ七対子を江澤からアガる事ができ、ミスもあったが結果トップを取ることができた。


4回戦 宮田 中村 江澤 渡辺

全体的に重い展開になったが、好調の江澤が要所でアガリを決めリードする。自分はハイテイのみの1300は1900しかアガリがなかったが、2着目で迎えた南3局。

親の江澤と中村の二人からリーチが入って、オリていたはずが以下の手になり、

ドラ

リーチの江澤がをツモ切り2600+リー棒2本のアガリ。単なるラッキーなアガリだが、大きい収入となった。

しかしオーラスの親はあっさり流されてしまい結局2着。トップは江澤。

5回戦 中村、萩原、渡辺、宮田

東2局 ドラ 南家 6巡目に

ドラ

という素晴らしい手牌となる。

マンズがとても良く、できれば待ちにしたい所だが、中村が仕掛けていたこともあり少しもったいない気もするが出アガリ5200になるでポンテンをとる

結果は中村からでアガリ。

しかし東4局に萩原が3000.6000、南1局に中村が6000オールとアガリを続け、あっという間に3着に転落。

南1局 1本場

中盤に以下の手牌。

ドラ

やる気の出る手だが、次巡にイッツーも三色もできないツモで、ピンフのみのテンパイ。

一瞬ツモ切りも考えたが、他家も臨戦態勢の捨て牌なため、ぐっとこらえてダマテン。残りツモ数回の所でをツモ。400.700は500.800。

南4局 ドラ 7巡目

3着目でオーラスを迎える。
マンガン出アガリで2着になれる状況で以下の手牌。

ドラ

観戦していた方曰く、この時点で3枚山だったそうだがなかなかアガれず、親の宮田からリーチ。無筋を3枚押して勝負するもアガれず、残りツモ番無しの無筋で撤退。

次局は終盤萩原のリーチをタンヤオのカンでなんとかかわすもアガリ3着。素点はほとんど削られてないので上出来か。

2015R1リーグ前期 (上位2名クライマックスリーグ出場権利、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 江澤陽一
江澤陽一
(群馬県)
71.1 71.1        
2 安達瑠理華
安達瑠理華
(北海道)
61.6 61.6        
3 石川泰之
石川泰之
(東京都)
54.9 54.9        
4 仲川翔
仲川翔
(神奈川県)
44.0 44.0        
5 渡辺太郎
渡辺太郎
(東京都)
30.6 30.6        
6 大仲勇樹
大仲勇樹
(東京都)
28.0 28.0        
7 北島路久
北島路久
(静岡県)
27.8 27.8        
8 渡辺卓也
渡辺卓也
(栃木県)
17.8 17.8        
9 中村浩三
中村浩三
(熊本県)
▲0.8 ▲0.8        
10 萩原亮
萩原亮
(東京都)
▲15.0 ▲15.0        
11 藤中慎一郎
藤中慎一郎
(東京都)
▲40.6 ▲40.6        
12 月島ひかる
月島ひかる
(大阪府)
▲40.7 ▲40.7        
13 山田田
山田田
(福岡県)
▲49.2 ▲49.2        
14 宮田信弥
宮田信弥
(鳥取県)
▲85.9 ▲85.9        
15 鶴海ひかる
鶴海ひかる
(東京都)
▲103.6 ▲103.6        


トータルは2.1.2.3 で+30.6ポイントとなった。ミスもあったが全体的に落ち着いて打てたし、良い集中力を保てたと思う。

次節まであまり時間が無いが、課題となった部分を少しでも修正して挑みたいと思う。


渡辺太郎
文責:渡辺太郎

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.