Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


こんにちは。2015年度前期R1リーグ最終節のリーグレポートを担当します、渡辺太郎です。よろしくお願いいたします。

今節はR1リーグ初の放送対局となりました。

———

私の4節終了時点の成績は+200.0ポイントの首位。2位の中村とは100ポイント以上離れている。ポイント差を考えると今節のテーマは大きくマイナスしない事だろう。

いつもより少し守備のバランスを強めに挑む事を決めた。

今回の対戦相手は安達、藤中、北島、宮田の5人打ち

1回戦 抜け番

1回戦この卓は放送卓だったので、抜け番の私はモニターの前で観戦。

トータル3位だった安達が落ち着いた打ち回しで、微差ではあるがトップを取る。

2回戦

東1局 ドラ

幸先よく先手が取れ待ちのタンヤオでリーチを打つ。しかし親の北島が仕掛けを入れ、じわじわと押し返される。結果は海底で私がアタリ牌を掴み12000放銃。嫌な立ち上がりになってしまった。

その後は北島がアガリを重ね7万点オーバーの大量リード。何も出来なかった私だが、南場で4人テンパイの局面で競り勝ち、ラス争いの藤中から3900をアガる事ができ、何とか3着に滑り込む。

素点を大きく削られてしまったため、▲25.9となかなか痛いマイナスになってしまった。

3回戦 北島、渡辺、安達、宮田

この半荘は手が良く入り安達と微差であるがトップ目で迎えた南場の親番

ドラ

中盤ドラドラチートイの聴牌を入れる。とりあえず仮テンの単騎にしていると安達からリーチ。その後単騎選択をことごとくミスする。そして数巡後、を持ってくるが場に2枚切れのためツモ切り。

ちなみにこの直前に北島が手出しでを打っている。ツモ切った後にもしかしたらトイツ落としかもと思うが時すでに遅し。案の定トイツ落としでアガリ逃し。結局安達のアガリとなりトップをまくられてしまう。

このチートイは強い人ならアガれていそうなだけに自分の未熟さを思い知る。この半荘2着で終える。トップは安達

4回戦 藤中、安達、渡辺、宮田

この半荘も手が入りリード出来る展開。

東4局 宮田の親番

中盤自分は北家で以下の聴牌が入る。


ドラ

が1枚切れで狙い目でもあるがドラもないこの手、守りがテーマの自分はダマテンを選択。

他の状況は安達がをポンしていて、親の宮田が変則の捨て牌。その後1枚も見えてないを掴み降りる。この局の結果は宮田が藤中から9600をアガるのだが、この時安達に待ちの大三元が入っていたらしい。自分の手は道中ピンフ系を狙ってを落とす手順もあったし、ションパイのを打つ可能性はかなり低いだろうが、終盤手詰まって何かの間違いでトイツ落としする可能性もあった。この時はそんなこと知らないが、後で聞かされてホッとした。

その後、手詰まって暗刻の牌で放銃など痛い失点もあったが、南場の親でアガリをモノにでき、トップ目に立つ。

南3局1本場

トップ目に立ちまだまだ加点したい親番。タンヤオ牌のツモが押し寄せてくるがなかなか聴牌しない。ここで国士模様の宮田から字牌が余る。いつもならまだ聴牌はしてないだろう、ブラフだろうと思いもう少し押すのだが、トータルポイント的に万が一の放銃が馬鹿らしいので、少しもったいない気もするが降りる。

そして流局。なんと宮田が国士をテンパっていて一人聴牌。アタリ牌を掴んでいたので、本当に安全策を取って良かったと思った。

結局オーラス親の宮田にトップをまくられてしまうものの2着を守れたので上出来だろう。

残すは後1半荘、しかも放送卓である。

4回戦終了まで上位のトータルポイントは、

渡辺 +191.3

中村 +119.6

安達 +99.5

石川 +39.8

少し差を詰められたが、ポイントを大きく沈めないようにという目標は今のところ達成。

同卓の安達にまくられなければほとんど大丈夫だろう。とはいえ安達とは約6万点差のトップラスを決められるとまくられてしまうので、完全な安全圏というわけではない。

5回戦 北島、渡辺、安達、藤中

東場は安達の独壇場となる。とにかくアガリまくられ気づけば6万点差のトップラスまであと数千点までにされてしまった。少しまずいかなとは思ったがラス抜けまでの点差は近いので、落ち着いて打つことを心がけた。南場に入ると、まずリーチのみが裏3でマンガンになるというラッキーなアガリができ2着に浮上できる。

その後親番ドラ2巡目

ドラ

暗刻でドラトイツのイーシャンテンという凄い手を貰う。ツモで萬子を払いを引いた所でのポンができ聴牌。

ポン ドラ

すぐにを引き手替わり安達から7700をアガる事ができた。このアガリは相当大きく、後は局を消化していけば良くなった。

このあとは大きなアガリもなく安達トップ自分は2着で無事終了。

他の卓も全卓終了していてトータルの結果が分かる。

結果は+202.1で優勝という大変光栄な結果となった。

2位は今日1日同卓しポイントを伸ばした安達となり、彼女とともにクライマックスリーグの出場権を獲得した。

今回の結果は自分でも驚いているし、正直少し前までクライマックスリーグなんて別世界の話の様に感じていた。それに自分が出れるなんて物凄く嬉しくて楽しみ。

2015R1リーグ前期 (上位2名クライマックスリーグ出場権利、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第5節
1 渡辺太郎
渡辺太郎
(東京都)
202.1 ▲2.3 19.5 148.0 34.8 2.1
2 安達瑠理華
安達瑠理華
(北海道)
135.0 89.0 ▲17.8 ▲40.3 43.4 60.7
3 中村浩三
中村浩三
(熊本県)
121.5 13.5 ▲5.6 20.9 51.9 40.8
4 石川泰之
石川泰之
(東京都)
31.2 ▲45.3 15.5 107.7 ▲33.7 ▲13.0
5 宮田信弥
宮田信弥
(鳥取県)
30.1 1.2 ▲43.0 5.9 7.5 58.5
6 月島ひかる
月島ひかる
(大阪府)
9.5 8.3 ▲35.1 12.6 ▲14.6 38.3
7 萩原亮
萩原亮
(東京都)
5.3 ▲37.6 ▲5.9 10.9 44.3 ▲6.4
8 鶴海ひかる
鶴海ひかる
(東京都)
▲1.0 ▲19.2 ▲31.3 ▲60.4 79.4 30.5
9 江澤陽一
江澤陽一
(群馬県)
▲2.9 ▲4.2 95.7 ▲160.7 ▲45.8 112.1
10 北島路久
北島路久
(静岡県)
▲20.6 ▲20.3 ▲31.8 48.7 0.4 ▲17.6
11 藤中慎一郎
藤中慎一郎
(東京都)
▲69.7 37.8 45.3 0.9 ▲49.0 ▲104.7
12 仲川翔
仲川翔
(神奈川県)
▲75.8 106.4 ▲33.8 ▲63.6 ▲25.1 ▲59.7
13 津田挙士
津田挙士
(大阪府)
▲100.9 ▲13.2 4.1 ▲32.4 ▲20.2 ▲39.2
14 山下健治
山下健治
(東京都)
▲126.8 ▲76.8 29.4 ▲18.5 ▲20.9 ▲40.0
15 鈴木智憲
鈴木智憲
(北海道)
▲144.0 ▲39.3 ▲7.2 19.3 ▲53.4 ▲63.4


その前に後期のリーグ戦で権利を失わないようにしっかりと戦います。



渡辺太郎
文中敬称略
文責:渡辺太郎

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.