Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


R1第二節のリーグレポートは、鶴海ひかるがお届けいたします。

RMUではリーグレポートは立候補でも書くことができます。「誰か書きたい人はいますか?」、といわれたとき、私はやる気満々で挙手しました。

思えばR3で書いたきりで、2回目のリーグレポートです。

「プラス100くらいにして素晴らしいリーグレポートを書いてやるぞ!」 という意気込みでこの日の4回戦に挑んだのですが・・・。

果たしてその結果は!

気になる方はぜひ、最後までお読みください!

―――


さて、今回の対戦相手は安達、中村、江澤、宮田の5人打ち。

前節は20近くのマイナスで終わったためプラス域(100くらい)に持っていくことを目標に挑みました。

1回戦は、僥倖の起家スタートを引きます。

起家スタートだいすき!

南場の親番が西家や北家スタートに比べてやりやすいと感じるからです。

しかし東一局から、攻めて、攻めてやろう、という気持ちで挑むも、配牌はバラバラ。

仕掛けが2件入り、8000点の横移動。

その後も横移動、ツモられの展開が続きます。

ぶつけられる手が入ったのは、南場に入ってから。

それでも配牌は、という、ソウズのペンチャン、カンチャン。あとはバラバラのものでした。

他の人の捨て牌的にソウズの下の切り出しが多かったので、七対子も視野に入れ、他の色の浮いたチュウチャンパイを切っていきました。

役牌が重なり、2つ仕掛けて9巡目にペンのテンパイ。

親リーチを受けますがマンズのドラが3枚見えたのもあり、押し切ると僥倖の海底ツモで、2000-4000。

オーラスは3着目と7800点差の2着で迎えました。

ドラもなく、バラバラの手牌でアガリに向かうのも難しいような手。

他家の速そうな河にげんなりしながら、無理をしない程度に不要牌を切っていくと、6巡目にはすでに3着目、ラス目から2軒リーチを受ける状況に。

ラス目から3着目への七対子ドラ2の放銃で、1半荘目は原点以上もった3着で終了しました。

2回戦目は地蔵のような展開。

ですが、ツモられより横移動が多く、点棒の差があまりない状態で南2局を迎えます。

ダブが対子の配牌。ドラはです。

4巡目に

の形からダブをポンします。

次巡にダブを切った人からリーチが。

河には字牌と、宣言牌が。アガリに向かったでロン、の形のメンタンピンドラ1、8000点の手痛い放銃となりました。

オーラスになり、15000点を持ったラス目。
形式テンパイで親と二人テンパイ、3着との差を3000点縮めます。
そしてオーラス2本場、1人テンパイで微差で3着になることができました。

3回戦目は開局早々、マンガン放銃で始まります。

(せっかくカッコいいリーグレポートを書こうと思ったのにダメダメです。)

ドラは、自分が手にならないのでオリようと思っていた9巡目でした。

4人の河にはが3枚、も3枚は1枚切られていて二人には通りそうな

場に高いソウズをたくさん持っていたので、対子の字牌などを切っていくと安全牌が足りなくなる可能性があったため、を切るとそれにロンの声がかかります。

ドラのが暗刻の8000。

これは痛い。


気を取り直して次局。

4巡目にツモの声。
役牌暗刻ドラ2の2000-4000。

私が次に切ろうとしていたでのツモでした。


自分の親は何もなく過ぎるも、6000オールをツモられ、8000点の横移動など、高打点が飛び交う展開となり、1万点持ち付近まで点棒を削られます。

オーラスの親番1本場。

500オールで親番を繋ぎ止め迎えた次局の配牌は
ドラ


あれよあれよとが5枚切れ、下家に3つ仕掛けを入れられます。
役牌ポン、チー、チー。

最終形は
ドラ

もちろんリーチです。

結果は、数巡後下家へカンをつかみ、8000点の放銃。

ちなみに次局の席決めをするための牌を取り出すために山を開けたのですが、は一枚も残っていませんでした!!!(゜o゜)

(ワンパイに3枚!)

4回戦目は1300-2600をツモれました。ハイテイツモ以来の久しぶりの大きなアガりが嬉しい。

迎えた次局はこんな手。

ドラ

7巡目上家から出るをチーしてバック3900点にも取れたのですが、2枚スルー。

リーチが入るもを引いてきてさらに良いドラドラのイーシャンテンになったので、無筋を数枚押しました。

を引き、リーチをぶつけます。

親もリーチで参戦してきますがをツモリあがり、3000-6000!!!

アガッて迎えた親番の配牌は10種11牌。がない形です。

2巡目までにが二枚切れに。

を引き入れましたが、4巡目にが打たれます。同巡に、もう一枚、

をはやめに引ければ、と思うも4枚目のがツモぎられ私の48000の夢は儚く散りました。

トップ目で南場に入り、安泰のトップにはまだ打点がほしいところ。

マンズが高くない場でと、マンズと役牌の手材料がそろったのでカンチャンを払い一気に一色手へ。

後にが重なりポン。

を二枚引き入れ、3900点を出アガリます。

5万点近くのトップを取り、本日のマイナスをちょっとだけ減らしました。

リーグレポートでお披露目できるような素敵な手順も、アガリもありませんでしたが、
いつも通り楽しく打てた4半荘でした。

2015R1リーグ前期 (上位2名クライマックスリーグ出場権利、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第3節
第4節
第5節
1 江澤陽一
江澤陽一
(群馬県)
91.5 ▲4.2 95.7      
2 藤中慎一郎
藤中慎一郎
(東京都)
83.1 37.8 45.3      
3 仲川翔
仲川翔
(神奈川県)
72.6 106.4 ▲33.8      
4 安達瑠理華
安達瑠理華
(北海道)
71.2 89.0 ▲17.8      
5 渡辺太郎
渡辺太郎
(東京都)
17.2 ▲2.3 19.5      
6 中村浩三
中村浩三
(熊本県)
7.9 13.5 ▲5.6      
7 津田挙士
津田挙士
(大阪府)
▲9.1 ▲13.2 4.1      
8 月島ひかる
月島ひかる
(大阪府)
▲26.8 8.3 ▲35.1      
9 石川泰之
石川泰之
(東京都)
▲29.8 ▲45.3 15.5      
10 宮田信弥
宮田信弥
(鳥取県)
▲41.8 1.2 ▲43.0      
11 萩原亮
萩原亮
(東京都)
▲43.5 ▲37.6 ▲5.9      
12 鈴木智憲
鈴木智憲
(北海道)
▲46.5 ▲39.3 ▲7.2      
13 山下健治
山下健治
(東京都)
▲47.4 ▲76.8 29.4      
14 鶴海ひかる
鶴海ひかる
(東京都)
▲50.5 ▲19.2 ▲31.3      
15 北島路久
北島路久
(静岡県)
▲52.1 ▲20.3 ▲31.8      



ドラ暗刻への放銃では読みが不充分だったり、早いリーチが来そうな局面でのメンタンピンの放銃、リスキーなリーチがあったりなど、麻雀の改善点がいくつか見えてきました。

降級圏内に入ってしまったので、次節までに改善できる点を改善し、攻めに重点を置いて挑みたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


鶴海ひかる
文中敬称略
文責・鶴海ひかる

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.