Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


こんにちは。2015年度前期R1リーグ第1節のリーグレポートを担当します、渡辺太郎です。よろしくお願いいたします。

―――

私は今期からR1に昇級。初めてのR1だが、いつも通りの麻雀を打つという事を心がけた。

今節の同卓者は鶴海、月島、安達、山下の5人打ち

1回戦目は安達、山下、渡辺、月島で始まった。

東1局ドラ

親の安達が、今にもテンパイしそうな雰囲気。

自分は速度を合わせるために、フリテンだったをチーして以下のテンパイ

チー ドラ

が安達の現物でもあるため守備力は高い手牌

数巡後、予想通り安達からリーチが入る。

一発目に危険牌のを掴み切り。

しかし、これが月島のチャンタ三色に刺さり8000の放銃。

月島の河は、チャンタやチートイツなどの変則手っぽいが、テンパイとは全く思ってなかった。

いきなり放銃したというショックもあるが、それよりも他家の速度の読みがまだまだ自分には足りないと思った。

東3局
ドラ

このイーシャンテンでを持ってきて切り。

これが安達と持ち持ちで鳴かせてしまうが、このあと連続でと持ってきて、



でリーチし、一発ツモで僥倖の4000オール。

これがR1リーグで初めてのアガリで精神的に少し楽になった。

オーラストップの月島と2000点差の2着だったが5巡目にピンフドラドラという恵まれたテンパイが入る。安達からすぐリーチが入るが安達の現物ので3900をあがり一回戦トップ。

2回戦 安達、鶴海、渡辺、山下。

大きな動きが無く南場に突入。

南2局で安達が鶴海から8000をあがり一歩抜け出す。

南3局自分の親でカンドラがモロ乗りして18000のテンパイをするが山下にこれを流されオーラスに。

自分は3着で2着になるには満貫ツモ条件。ラスとは7000点弱の差。

自分の配牌は、打点があまり見込めなさそう。

ここから高打点を狙うと、4着に落ちる可能性や親の連荘で失点が増えると思ったので、仕掛けて2000点であがり3着。

3回戦 抜け番
安達が大物手を何度もあがり8万点近い大トップ。

4回戦 渡辺、鶴海、月島、山下。
倍満の親被りや6000オールなどで、どんどん点数が削られていき何もできないままオーラス。

1000点あがれば3着という状況で、普段はあまりやらない役牌バックの仕掛けを入れ、何とかあがりきり3着に滑り込む。

5回戦 鶴海、渡辺、安達、月島
安達が3回戦に引き続き好調であがりを重ね抜け出す。またも何もできずにオーラスまで来てしまう。

ラスの鶴海とは聴牌ノーテンで変わる3着。聴牌濃厚の鶴海がツモ切りを続けていたが、自分も最後のツモで何とかテンパイで3着死守。

一節目のトータルは▲2.3。

2015R1リーグ前期 (上位2名クライマックスリーグ出場権利、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 仲川翔
仲川翔
(神奈川県)
106.4 106.4        
2 安達瑠理華
安達瑠理華
(北海道)
89.0 89.0        
3 藤中慎一郎
藤中慎一郎
(東京都)
37.8 37.8        
4 中村浩三
中村浩三
(熊本県)
13.5 13.5        
5 月島ひかる
月島ひかる
(大阪府)
8.3 8.3        
6 宮田信弥
宮田信弥
(鳥取県)
1.2 1.2        
7 渡辺太郎
渡辺太郎
(東京都)
▲2.3 ▲2.3        
8 江澤陽一
江澤陽一
(群馬県)
▲4.2 ▲4.2        
9 津田挙士
津田挙士
(大阪府)
▲13.2 ▲13.2        
10 鶴海ひかる
鶴海ひかる
(東京都)
▲19.2 ▲19.2        
11 北島路久
北島路久
(静岡県)
▲20.3 ▲20.3        
12 萩原亮
萩原亮
(東京都)
▲37.6 ▲37.6        
13 鈴木智憲
鈴木智憲
(北海道)
▲39.3 ▲39.3        
14 石川泰之
石川泰之
(東京都)
▲45.3 ▲45.3        
15 山下健治
山下健治
(東京都)
▲76.8 ▲76.8        


1回戦目以外はずっと苦しい展開だったが、ラスを引かなかったのは大きかった。

ただ相手の速度、手牌が読めていなかったせいでギリギリまで攻められなかったり、放銃してしまったりした局が何度かあったので、これが自分の今後の課題であると思う。

次節に向けて、そして数年後にもっともっと強くなれる様に勉強していきます。


渡辺太郎
文中敬称略
文責・渡辺太郎

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R4リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.