Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節



皆さんこんにちは。今期よりアスリートとしてRMUに加入しました、成多嘉智です。
2014年後期R3リーグ第一節のレポートを担当させていただきます。

初めての競技者としての麻雀…当日は、はやる気持ちを抑えるので精一杯でした。

麻雀が好きだという気持ちはだれにも負けないという自負はあるものの、競技者という肩書を背負って卓に付くのは初めての経験であります。

当日は「粗相をしないようにしなければ」、「みっともないミスをしないようにしなければ」などと悪い考えばかりが頭を巡ってしまってしまい、自分でも焦っているのが感じ取れました。

しかしやることは麻雀だ。自分の大好きで、1番になりたい世界がそこにある。
だから、今の自分に出来る最高を見せつけてやればよいのだ。

そう自分を奮い立たせる中、人生初めてのリーグ戦の幕が上がりました。


今節の対局者は嶋崎、半田、高、野上。

第一節は新人卓での始まりとなった。

幸運なことに自分は1回戦目の抜け番であり、自身の緊張をほぐす時間が十分に手に入った。また同卓者の麻雀を事前に見ておくことが出来たのも大きかった。

そして1回戦が終了し、2回戦。
ついに自分の出番がやってきた。初めての配牌を取る。

ドラ

競技者となって初めての配牌、そして打牌。噛み締めるような思いで打った。

まずは場の空気になれようと振り込みを抑えることをテーマに局を進めていく。

東3局、他家のツモアガリなどでじりじりと点差をつけられる中、8巡目に以下のテンパイが入った。

ドラ

これを9巡目に下家から6,400の出アガリ。リーグ戦初和了であった。

その後も順調に手が入り、自身の第1戦は僥倖のトップで終えることが出来た。

そして3回戦、東2局1本場。

8巡目の自分の手牌は

ポン ドラ

2巡後ドラ暗刻であった下家の高からが打ち出され8,000は8,300の和了。

このリードを維持しつつトップで迎えたオーラス。

5巡目に

ドラ

という亜リャンメンの選択を迫られる。

ここで打としたところ次のツモは…。

この和了逃しによってこの局は親の半田の和了となってしまう、暗雲が立ち込める。

次局も親の半田が3,900は4,200の和了で、ついに点差はほとんどなくなり、次に和了を許せば逆転というところまで迫られる。

そうして迎えたオーラスの2本場。
自身のミスによって引き起こされたこの事態、なんとかせねばと思いつつ配牌を取ると

ツモ ドラ

完全に僥倖であった。

とポンし、九をツモっての500・1000は700・1200の和了でぎりぎりのトップ。

こうして運よく2連勝とし、迎えた4回戦。
東場前半は他家同士の削りあいを眺めている形で終えたものの、東場後半からは手が入り点数を積み上げる。

そして南2局。

ツモ ドラ

この一発ツモに裏が乗り2000・4000、この半荘を決定づける和了となった。

3連勝、今日はこのまま幸運が続いてくれと願いつつ最終戦5回戦目を迎える。

この半荘も手は入っていたものの、下家の半田の捌きに阻まれ少しづつ点数が削られていく。

南3局時点で自身はラス、トップ目は半田という形。

6巡目
ドラ

和了の見込めそうな牌姿ではあるものの、打点は2,000点。

しかしドラを絡めることも期待は出来ず、待ちが良いこともあり門前ツモや裏ドラなどに期待して即リーチに踏み切る。

3巡後、トップ目の半田からが打たれ、手を倒す。

何とか3,900に…そう願いつつ裏ドラをめくるとそこにはが…

僥倖の8,000によってこの半荘もトップに躍り出る。

そしてオーラス。

7巡目


トップ目ということやが出れば役アリにシフトできることもあり、この形から打のダマテンに取ったが、これは非常に中途半端な打牌であった。

手替わりの可能性を加味するのであれば打とするべきであるし、仮に打の引っかけを意識するのであればトップ目であっても即リーチを打って他家に対してけん制を掛けるべきであった。

同巡、和了にかける半田からが打ち出され、この半荘の結末がどうなるかを予感させた。

結果は半田の和了による捲られで2着終了。悔いの残る2着であった。


最終的な結果としては+92.5の3位で終了。


2014R3リーグ後期(上位3名昇級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 山崎孝浩
山崎孝浩
(福岡県)
122.1 122.1        
2 南地祐圭
南地祐圭
(新潟県)
98.6 98.6        
3 1260
成多嘉智
(東京都)
92.5 92.5        
4 半田直樹
半田直樹
(群馬県)
76.6 76.6        
5 増田悠理
増田悠理
(ニュージーランド)
49.8 49.8        
6 寺坂直樹
寺坂直樹
(埼玉県)
27.3 27.3        
7 羽木宏幸
羽木宏幸
(埼玉県)
▲9.9 ▲9.9        
8 夏目智依
夏目智依
(山形県)
▲15.0 ▲15.0        
9 嶋﨑究
嶋﨑究
(東京都)
▲15.3 ▲15.3        
10 吉冨範子
吉冨範子
(佐賀県)
▲18.4 ▲18.4        
11 中野究
中野究
(北海道)
▲30.0 ▲30.0        
12 野上陽子
野上陽子
(東京都)
▲43.0 ▲43.0        
13 小美野光昭
小美野光昭
(東京都)
▲76.8 ▲76.8        
14 大島大輔
大島大輔
(栃木県)
▲80.1 ▲80.1        
15 nowprinting
川合新平
(東京都)
▲97.6 ▲97.6        
16 竹内志央理
竹内志央理
(広島県)
▲100.0 ▲100.0        
17 高卓君
高卓君
(東京都)
▲112.8 ▲112.8        



結果だけ見れば今の自分には十分すぎる結果ですが、その内容は終始運に助けられたものでした。

次節では今回のミスを修正し、さらに上を目指して頑張りたいと思います。

成多嘉智
文中敬称略 文責:成多嘉智

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.