Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


今期のR2のレポートはアスリート小林景悟がお送りします。

____


この日の対戦相手は安達、山田、大仲、白田。開始前にトータル最下位の自分のスコアを確認する。何度見ても最下位。

リーチをしてもアガれず、仕掛けて攻めれば相手の勝負手を誘発し、そこに飛び込む。アガくほどに悪くなり、この日も朝からまったくいい結果がイメージできず。

東4局に最初の点棒移動。

自分は南家で、

ドラ

ここに持ってくる

親の大仲はを一枚手出しの後にをツモ切り。その後すぐを切ってリーチ。ややためらいがちに見えた。リーチ一発目は現物でしのぐも、次に持ってきたのが。他の二色の愚形で待っていると自分勝手に決めてツモ切るとこれがロン。リーチドラの3900。

カンチャン残りのイーシャンテンで親のリーチに放銃は、RMUリーグではあまり見ない。自分の甘さを痛感した。

2回戦は我慢の展開が続いていたが、南3局に嬉しい4000オールのツモアガリ。

ツモ ドラ

自分以外の三者がソーズの真ん中をバラバラと切っている珍しい景色。逆に場に高いを引いてテンパイは、自信を持ってリーチにいけた。

この後が良くない。オーラス微差のトップ目から、イーシャンテンでドラを切るとこれを白田がポン。

ドラ

が早々に3枚切れていては心もとない。上家はを5巡目に切っている。目いっぱいに構えたいところでのドラ切りとしたが、ドラを切った後の自分の手を見て、バランスが果たして合っているのかよくわからなかった。結果は最悪の白田への放銃で3着。


3回戦と4回戦は勝負打牌がどちらもリーチ一通の高いほうに放銃など、力負けで連続ラス。

覚えているだけでこの2試合は、5回テンパイしたうち4局で放銃。テンパイした手が果たして押す価値のあるものなのか。自分のアガリがあるのかの見極めが、できていないからこの結果だと思う。


2014R2リーグ前期(上位2名昇級、下位2名降級)
順位 選手名 合計
第3節
第4節
第5節
1 鶴海ひかる
鶴海ひかる
(東京都)
120.9 45.9 1.3 73.7    
2 伊藤太
伊藤太
(神奈川県)
80.1 30.1 44.0 6.0    
3 津田挙士
津田挙士
(大阪府)
71.1 11.5 ▲26.7 86.3    
4 安達瑠理華
安達瑠理華
(北海道)
54.2 21.6 ▲54.3 86.9    
5 小室貴洋
小室貴洋
(愛知県)
39.2 29.6 11.8 ▲2.2    
6 野村祐三
野村祐三
(神奈川県)
34.9 ▲16.0 9.0 41.9    
7 大仲勇樹
大仲勇樹
(東京都)
1.3 ▲46.7 ▲26.9 74.9    
8 梁瀬健太郎
梁瀬健太郎
(長崎県)
▲2.6 54.0 46.7 ▲103.3    
9 渡辺太郎
渡辺太郎
(東京都)
▲44.2 44.3 ▲31.8 ▲56.7    
10 白田みお
白田みお
(千葉県)
▲57.4 ▲74.2 54.6 ▲37.8    
11 江原翔
江原翔
(北海道)
▲61.6 ▲30.0 14.1 ▲45.7    
12 山田田
山田田
(福岡県)
▲115.2 ▲29.9 ▲30.0 ▲55.3    
13 小林景悟
小林景悟
(東京都)
▲201.7 ▲71.2 ▲41.8 ▲88.7    


▲201.7

わずか3節でこの結果。周りに誰もいない最下位となった。

先日、私設リーグでも最下位となって、今年は数年分をまとめて負けている感じ。

麻雀は本当に難しい。でも、ここまでセンスのなさを痛感させられるゲームでも、不思議とつまらないと思うことはないし、常に足場を固め、上を見たいと思ってしまう。あと8試合。親が16回もあるので、何とかなる、といいな……。

小林景悟
小林景悟
文中敬称略
文責:小林景悟

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.