Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


R1リーグの一節を担当します、アスリートの津田です。
稚拙な文ですが最後までお付き合いお願いします。

___

今回の卓組みは江澤p、鶴海、萩原p、宮本pの五人打ちで

一回戦は
江澤p、津田、萩原p、鶴海の順で始まった。

東一局はドラで江澤と自分が仕掛け、二人はオリてマッチレース。

チー ポン ドラ
終盤にをツモアガる。

いきなり2000-4000でスタート。

いい流れかと思いきや東二局 ドラ

早々に萩原からのリーチで、すぐにツモられリーヅモドラドラ裏1

ドラトイツで3メンチャンの

なんという羨ましい手だ…

萩原の親番が落ちると鶴海の親番で鶴海と萩原がリーチ。

これは鶴海が制し、リーヅモ裏3。

一瞬にして3着。

この後、江澤とのラス争いになり、なんとか3着で終われたという展開。
なんとも嫌な流れだ。

2回戦は申し訳ないがほぼ割愛させていただく。

勝負手を鶴海に2度ほど裏裏と言われ、心が折れた。

対局後、鶴海と話したが『ばかんすは私にとって磁場がいいんです』とか言われて困惑した(笑)。

三回戦は宮本p、萩原p、津田、江澤pの順番。

東2局ドラ



と先行テンパイが入りも良さそうに見え曲げるも、実際は萩原の変則手に3枚使われており、流局。ツモれば満貫だっただけに空振った感が出た。

転機は南2局2本場に訪れる。

4巡目に
ドラ

ドラはないが、リーチ棒二本供託がありが早々にみんな切っているので自信ありでリーチ。

しかし、中盤になってもツモれない。
萩原からリーチが入り、殴り合いになるもをツモり裏が乗って1200-2200。

7600の収入はかなり嬉しかった。

次局の親で
ドラ

で、あっさりツモ上がり、トップ目へ。

結局江澤に捲くられてしまうも上々の結果だった。

4回戦は
津田、鶴海、宮本p、萩原pの回りで親番からスタート。

いきなり本手が入る。

7巡目に
ドラ

最後に重なってのテンパイであわやメンホンだったが満足してリーチ。

これがなかなかツモれず鶴海からリーチが飛んでくる。

嫌な予感しかしない。
この日一日鶴海とのサシの勝負は全敗だ。

一発で掴んだ牌は

これが当たりでメンタンピン一発裏

8000の放銃スタート。

その後も鶴海に点棒を献上し気づいたら大幅ラス。

なんとか宮本を捲くって3着となったが鶴海にボコられた一日だった。


2014R1リーグ後期 (上位2名クライマックスリーグ出場権利、下位3名降級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 宮田信弥
宮田信弥
(鳥取県)
115.6 115.6        
2 萩原亮
萩原亮
(東京都)
53.5 53.5        
3 中村浩三
中村浩三
(熊本県)
52.2 52.2        
4 松ヶ瀬隆弥
松ヶ瀬隆弥
(北海道)
46.8 46.8        
5 鶴海ひかる
鶴海ひかる
(東京都)
19.3 19.3        
6 鈴木智憲
鈴木智憲
(北海道)
▲7.3 ▲7.3        
7 山下健治
山下健治
(東京都)
▲9.7 ▲9.7        
8 江澤陽一
江澤陽一
(群馬県)
▲11.3 ▲11.3        
9 仲川翔
仲川翔
(神奈川県)
▲11.3 ▲11.3        
10 石川泰之
石川泰之
(東京都)
▲21.9 ▲21.9        
11 宮本卓
宮本卓
(長野県)
▲22.2 ▲22.2        
12 藤中慎一郎
藤中慎一郎
(東京都)
▲38.8 ▲38.8        
13 津田挙士
津田挙士
(大阪府)
▲39.3 ▲39.3        
14 北島路久
北島路久
(静岡県)
▲55.9 ▲55.9        
15 渡辺卓也
渡辺卓也
(栃木県)
▲72.7 ▲72.7        


今回はイイトコなしだったが、次回は奮起して頑張ろうと思います。

津田挙士
文中敬称略、文責 津田挙士


R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.