Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


2014年前期R1第4節の模様をを中村浩三がお伝えします。

_____

2013年前期にR1に昇級し、2013年は8位、9位とあまりパッとしない成績を残し臨んだ2014年前期。

第1節は少しだけマイナスしたものの、第2節は+43.0、第3節は+101.7で第3節終了時点で、+143.0と暫定2位という好位置につけている。

そして迎えた第4節。対戦相手は、松ケ瀬隆弥プロ、宮田信弥プロ、北島路久選手(アスリート)。

打撃戦になるであろうことは必至で、私としていかに台風に巻き込まれないかが、鍵となりそうである。

1回戦
東1局
宮田から北島へドラ1の2000点が移動する。軽い立ち上がりである。

東2局 親 宮田
チャンス手が入る。
巡目はかかったが、以下の形でテンパイ。

ドラ

14巡目に親の現物であるを叩き切ると松ヶ瀬のダマテンに放銃。

ドラ

いわゆる「三色の同時性」で負けて8000点を献上。

東3局も松ヶ瀬が混一色役役をツモリ2000-4000

さらに東4局も松ヶ瀬がリーチ。宮田が飛び込みリーチドラ裏の5200。
ほぼトップは決まったか?

私としては3着が見えて来て、加点次第では2着にならないかなと妄想してみる。

南入し、迎えた南1局。親 松ヶ瀬、ドラ

ラスが見えてきた宮田が果敢に攻める。

ポン、チー、チーと序盤で3フーロ。これに親の松ヶ瀬までポンと来る。
空中戦ならお手の物と、北島まで参加してきた7巡目の手牌。

ドラ

松ヶ瀬も2フーロ、北島も2フーロとなり、戦前に思っていた通りの乱打戦。

黙って見ていても面白く無いので、4枚目のが見えたところでをポンしてみる。

すぐにもポンでき、が通りそうなので1枚押してみた。

を持ってきたらを槓して跳満にしてやろうなんて思っていたら、北島がを切り、2000。
ポン ポン ロン

これで3着に浮上する。

南2局、親宮田、ドラ

ドラメンツが完成しているピンフの2シャンテンの手が配牌で入り、1打目に自風ののどちらを切るかの2択。

どっちみちは切る牌なので、親がを重ねる巡目を1巡でも増やさないように1打目を選択。

呆気なく宮田にをポンされる。

そして結局私の手は1手も進まないまま、松ヶ瀬から宮田へドラ1の2900。

瞬間ラス落ち。3着目の宮田とは1700点差、2着目の北島とは4000点差。

まだまだ焦ることはない。

続く1本場は北島が立直ピンフツモの700-1300は800-1400

南3局 親北島

8巡目に高めタンピンをリーチし、高めをツモると親が北島なので2着に浮上できる。

ドラ

しかし、北島からが打たれ、裏ドラも乗らず2000

オーラスを迎え、トップから松ヶ瀬475、北島270、中村232、宮田223

ラスとは900差、1000-2000以上をツモられるとラス落ちとなるので、少しでも加点し2着を狙って行きたいところ。

そういう状況でもらった配牌がこれ。

ドラ

序盤にと積極的に仕掛け、を暗刻にしたところで以下の形。

ポン ポン

を切って混一色にしても良い形ではあるが、あまりにもピンズとマンズをバラ切りしており、-は拾えそうと考え打を選択。

そのを松ヶ瀬にチーされる。

不穏を感じとってチーテンを入れられた気配。

さらに持ってきたのが。松ヶ瀬の河にが置いてある。放銃するとラス落ちだが歯を食いしばってリリース。

それを松ヶ瀬がフリテンチーし、打

そう。からの食い延ばし。
あっさり、北島に2着キープのを打たれ、ゲームセット。


2回戦
またもや、乱打戦、打撃戦の開始である。

東1局に宮田の2000オール。

東2局は北島が3900は4200を松ヶ瀬からアガると迎えた親番で2000オール。

東3局は松ヶ瀬にリーチのみ1600を打ち込む

東4局は親の松ヶ瀬がマンズの一色模様。阻止するがごとく自風ののポンテンを取り、
ピンズ待ちで差し込みを期待する。

しかし、北島が更に萬子を鳴かせてテンパイ模様。ついには二人はオリに回ったらしく、現物しか出てこない。

ここで降りると、一人旅になってしまうので、頑張ってシャンポンがないワンチャンスのを、歯を食いしばって切る。

無事に通過し、次巡ツモの500-1000。

南1局は、宮田の親リーチに北島が7700の放銃。



更に南1局1本場も北島から宮田へ3900は4200と移動したところでやっとラス抜け。

流局を挟み迎えた親番。

南3局 親中村 ドラ
ドラ2枚の好配牌をもらう。

ドラ

これが8巡目にはこうなり、リーチ。

ドラ

11巡目に北島に追いかけリーチが入るが、ほどなく北島からロン。

裏ドラ1枚は変わらずの12000

続く1本場は悩ましい手牌が来る。

ドラ

ここにツモと来る。三色と一通と一盃口を見て、打

ドラ

次にツモが。一通は残し、打

ドラ

次のツモが。三色は崩れそうか?。で迷ったが、初志貫徹とし一通残しの打

ドラ

次のツモがまたもや、
のテンパイ逃しは想定内。打
これでを引くのが中村の見せ所か?と思っていたところに引いたのは

これまた想定内のリーチ!

ドラ

一発でをツモリ2600オールは出来過ぎ。

これで一気にトップ目へと踊り出る。

2本場は北島から松ヶ瀬にチートイツの1600は2200。オーラスとなる。

2着目の宮田とは3400差。

このままトップで終わりたい期待が配牌とツモに伝わり、5巡目には以下のテンパイ。

ドラ

をツモ切ると次のツモはあざ笑うかのように
8巡目に親の現物でもあるへと待ち変わるを引き、迷わず打
しかし……。
同巡、北島から切りリーチが入る。無念。
宮田もを手出しした次巡。宮田にをツモられタンピンツモドラ1の1300-2600で捲られてしまった。

手替わりするのはしょうがないが、タイミングが心を折りそうになる。
それでも44700点持ちの2着は上出来。

3回戦。
今日の打撃戦、乱打戦を象徴する半荘となってしまった。

東1局から宮田の連荘が止まらない。

4000オール
1300は1400オール
2000は2200オール
4000は4300オール

と35700点も稼がれてしまった。
この4局ミスはないのでしょうがない。
また全部ツモなので2着3着を目標にすればよい。

4本場はを序盤に仕掛け、松ヶ瀬のリーチ宣言牌を捉え、1000は2200。
目標に一歩近づく....ところがである。

東2局親番ドラ

どうも下家の北島の鼻息が第1打から荒い。

リーチが来るまではある程度手を進めていた終盤。

ひときわ高いツモの声は、やはり北島。

ツモ ドラ

4000-8000の親被り。

さすがにきつい。

その後、1300を放銃すると、アガるのは他家のツモの声ばかり。終わってみたら、持ち点が1800。なんとか飛ばされずに済んだのは不幸中の幸いか?


4回戦
東1局 ドラ

ドラ

中盤ツモでリーチ。

一発でドラをツモり2000-4000

また、南場の親でチートイツドラ2を北島からアガる。

オーラス、親の北島に4000点差まで詰め寄られるが、
最後は自力でアガって逃げ切り、なんとがトップ。

トータル△9.3

2014R1リーグ前期 (上位2名クライマックスリーグ出場権利、下位2名降級)
順位 選手名 合計
第4節
第5節
1 仲川翔
仲川翔
(神奈川県)
147.1 12.2 18.1 118.1 ▲1.3  
2 渡辺卓也
渡辺卓也
(栃木県)
141.4 4.6 74.2 ▲40.2 102.8  
3 中村浩三
中村浩三
(熊本県)
133.7 ▲1.7 43.0 101.7 ▲9.3  
4 宮田信弥
宮田信弥
(鳥取県)
43.8 16.2 ▲30.9 22.8 35.7  
5 鈴木智憲
鈴木智憲
(北海道)
19.2 49.2 ▲14.7 ▲25.9 10.6  
6 松ヶ瀬隆弥
松ヶ瀬隆弥
(北海道)
17.2 ▲69.0 69.2 9.1 7.9  
7 藤中慎一郎
藤中慎一郎
(東京都)
▲15.0 54.5 ▲95.2 ▲40.7 66.4  
8 萩原亮
萩原亮
(東京都)
▲36.1 ▲2.9 ▲22.6 ▲29.1 18.5  
9 石川泰之
石川泰之
(東京都)
▲45.1 ▲35.7 29.9 ▲29.0 ▲10.3  
10 北島路久
北島路久
(静岡県)
▲60.6 1.1 22.9 ▲50.3 ▲34.3  
11 江澤陽一
江澤陽一
(群馬県)
▲80.5 ▲61.6 ▲40.4 63.9 ▲42.4  
12 湯澤栄鎮
湯澤栄鎮
(千葉県)
▲95.2 ▲11.7 ▲37.1 ▲36.9 ▲9.5  
13 山下健治
山下健治
(東京都)
▲95.9 22.4 8.9 ▲25.4 ▲101.8  
14 宮本卓
宮本卓
(長野県)
▲101.0 19.4 ▲26.3 ▲61.1 ▲33.0  


3回戦を考えると1桁台のマイナスでよく済んだなというのが今日の感想。

別卓の渡辺卓也が100オーバーのプラスを叩き出し、2位の座を明け渡すこととなった。

最終節は、この3人でクライマックスの2つの席を巡る熱い戦いが繰り広げられるだろう。

または、この3人を押しのけクライマックスの権利を獲得するものが現れるのか?

2014年前期Rリーグ最終節は、9月13日(土)神楽坂ばかんすにて、11:00より行われます。

観戦自由、無料となっていますので是非お越しください。


敬称略、文責:中村浩三


R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.