2014クライマックスリーグレポート

皆さんこんにちは。RMUアスリートの寺坂直樹です。2014年度クライマックスリーグの観戦記を務めさせていただきます。

1日目からの勝ち上がりは
松ヶ瀬+85.0
中村+62.3
多井+18.3
谷井+7.8

この四名。RMUリーグ組の二人が挑戦者を追う形となり、松ヶ瀬、中村が優勝すれば来期のRMUリーグ入りを果たし五人打ちとなります。

では激闘の様子をお楽しみください!

―――


東一局は静かなスタートになり、松ヶ瀬の500-1000から始まった。

東二局 親多井 ドラ
この局は親の多井の手牌は苦しく、またも松ヶ瀬の手が整っていた。

松ヶ瀬配牌
ツモ ドラ

ここからこの河でリーチ
ドラ

6巡目のはツモ切りでこの手牌。

ドラ

5巡目のテンパイをダマにして6巡目に待ち選択となるが、をツモ切り、次巡のを空切ってのリーチ。これは流石の打ち回しである。多井も役牌を仕掛け、

ポン ドラ

この形で応戦するが軍配は松ヶ瀬。

見事をツモリ2000-4000。

東三局では中村が興味深い内容であった。

東三局 親・松ヶ瀬 ドラ

中村配牌



すぐにドラを重ねて三巡目にこの形。

ドラ

ツモ→打、ツモ→打、ツモ→打でのテンパイとなる。しばらくして国士の谷井からが放たれるがポンしてへの待ち変えはせずこれを多井がチー。

すぐに多井がを掴んでしまい5200の放銃となる。

が三枚見えている場況判断だろうか。こういった門前思考は中村らしい持ち味。

挑戦者二人がアガる中で黙っているわけにはいかない多井と谷井。反撃したのは谷井であった。

南一局で多井のリーチに勝ち2000オールをアガリ続く一本場。

南一局 一本場 ドラ

谷井配牌
ドラ

対子を意識した手組みで9巡目にをポンして

ポン ドラ

実はこの待ちで4枚生きであった。すぐに松ヶ瀬からリーチを受けるが押し切り見事をツモリ4000は4100オール。

二本場では谷井が超大物手をテンパイするが、時間がかかってしまったためか流局。中村と二人テンパイ。

ここまで苦しい展開の多井。この親で挽回したいところでこの配牌。

南二局 親多井 ドラ

ドラ

形は苦しいがうまく行けばハネマンクラスの手牌。

しかし無情にも中村から4巡目リーチ。

中村手牌

ドラ



多井手牌
ドラ

窮地に立たされた多井。悩んだ末にを選択するがこれが一発放銃、裏ドラものり8000は8600の手痛い放銃となってしまった。

多井の一人沈みになってしまった展開でこの後も松ヶ瀬もツモアガリをし、オーラスで中村がツモアガリ。オーラス一本場で谷井が2000-4000は2100-4100のツモアガリ。

中村47700
谷井45200
松ヶ瀬41000
多井13900

二回戦は最初から、全員がぶつかる手牌をもらうことになる。

並びは

中村→多井→松ヶ瀬→谷井

東一局 ドラ

以下全員の配牌である、

中村
ドラ

多井
ツモ ドラ

松ヶ瀬
ツモ ドラ

谷井
ツモ ドラ

一番乗りは多井。345の三色を目指した手組みだったが三色にはならずこの形でリーチ。

多井手牌
ドラ

続いて松ヶ瀬

ドラ

しかし谷井の手牌がとてつもない形であった



この河で

ドラ

この形で追いかける。

この時点で中村は撤退するが各者の待ち牌は、多井0枚,松ヶ瀬7枚,谷井2枚どう考えても松ヶ瀬の勝ちだがなんと勝利は谷井。

をツモリ6000-12000。

RMUには数え役満はないので三倍満となり、トータルトップの中村をラスに沈めた。

この後も、各者の親を谷井と多井が蹴り続けるが、

南二局 一本場 親多井 ドラ

多井配牌

ドラ

第一打から悩むが、対子手にするために河を工夫して

下手に中張牌を置くと、対子手を警戒され鳴きにくくアガリにくくなってしまうからだ。

しかしすぐにをアンコにしてもアンコにする。

途中で打たれたを一旦スルー。やはりポイント的に役満が欲しいのだ。結果我慢した多井がもアンコにしてリーチ。

ドラ

これにチートイテンパイの谷井が二巡後に捕まりで放銃。

18000は18300の放銃となりトップが入れ替わってしまう。

谷井からしてみれば、ポイントの並びの関係上で多井に点棒を持たせてなお中村、松ヶ瀬を沈めなければならない。しかしちょっと高すぎた。

それでも、この後は中村が多井からチートイツドラ単騎の6400は7000をアガリ再び谷井がトップへ。

ラスとなってしまった松ヶ瀬。展開的に我慢し続け最小失点に抑えている辺り流石の冷静さである。

二回戦はこの並びのまま終局となる。

谷井44300
多井37000
中村23300
松ヶ瀬14400

中村、松ヶ瀬を3.4着に沈めて残り二回に繋げた。多井としては少し素点が必要になったか。

さてその三回戦は多井の時間から始まる。

多井→谷井→松ヶ瀬→中村

東一局 親多井 ドラ

多井配牌

ドラ

ほぼアガリが約束された手牌だが多井の第一打は

この対子落としの次に。これは他家は怖い。明らかに速度と打点があり、すぐさまリーチがきそうだ。

案の定リーチで一発ツモ裏裏。

ドラ

ツモ

多井らしい手順で見事な6000オール。

さらにマンズホンイツの松ヶ瀬の仕掛けに挟まれた局でも、

ツモ ドラ

と、悩ましい手もピンフにきっちり仕上げ、リーチして谷井から2900は3200。

さらに4000は4200オールも引くなど五本場まで積む。最後は中村の3000-6000は3500-6500で親流れ。

これでかなり楽になった中村だが、競っている松ヶ瀬も2600オールを引いたり、二本場では

ドラ

ここから中村のを見逃ししてきっちりで谷井から12000は12600をアガる。

谷井が辛い展開になってしまったが意地を見せたこの一局

ツモ

これを切りでのフリテンリーチ!

終局間際にをツモり、1300-2600のアガリ。なんともかっこいい。

だが、南三局で、

中村のリーチ ドラは

ドラ



これにマンズに寄せていた谷井が一発で捕まり裏ドラで12000。これは辛い。

オーラスは谷井が中村の加点を止めるべく500-1000で終局。

多井60500
中村33300
松ヶ瀬32700
谷井-11500

三回戦終了時トータルスコア
中村91.6
松ヶ瀬58.1
多井21.9
谷井0.8
これで多井は首の皮を残し、谷井は追い込まれた。

四者どの様に最終戦を戦うのか。中村、松ヶ瀬は着順勝負。谷井、多井とも条件の大きいトップ。

しかし誰もが予想できなかった展開となる。

4回戦
並びは谷井→中村→松ヶ瀬→多井。

東一局 ドラ

ドラ

谷井はこれをきっちりと、

ドラ

こう仕上げをツモリ4000オール。ここから谷井の時間となる。

次の局でも、

ツモ ドラ

と、難しい形になり、しかも松ヶ瀬がピンズホンイツで、この形。

ポン ドラ ドラ

この時、中村をラスにしなければならないために多井のを見逃し。

後に多井も、ドラの単騎でチートイのリーチ。

そんな中でも谷井は、

ドラ

一発でをツモリ裏ドラで6000オール。さらにアガリ続け、東一局で97700点となる。

六本場は多井が松ヶ瀬に8000は9800の放銃で親が移動。

ようやく親が回ってきた中村だが、多井に6400の放銃。

松ヶ瀬の親は、苦しい配牌となった。



ドラは

ダブが頼りか? と思ったがそんな中、多井からリーチ。

待ちは-で3色。どんな状況下でも形や打点をきっちり作るあたり流石である。

しかしリーチ後持ってきたでダブを仕掛け松ヶ瀬に12000の放銃。

チー ポン ドラ

ここまでかなり着順が動いて、トータルスコアで谷井と松ヶ瀬が10ポイント差となる。

中村は勝負手で多井にまたも8000放銃。状況的には仕方がないか。しかし手痛い8000となった。

さらに松ヶ瀬が4000オールも引き、まさかの中村が追い込まれる。

オーラスになり、条件は、

谷井は出アガリ3200以上(松ヶ瀬から直撃なら1600)。ツモなら700-1300。
松ヶ瀬はアガリトップ。
中村は倍満以上。
多井はラス親でまずは素点稼ぎといったところ。

以下、オーラスの全員の配牌と、先に最終形を示す。

多井



谷井

リーチ

中村

ポン

松ヶ瀬



条件も含めると全員苦しい配牌。

あらためて点棒状況は
谷井87100
松ヶ瀬42800
中村1500
多井は ▲11400

多井はこの状況下でチートイをやらざるを得ない苦しさ。

中村は倍満が難しいのかテンパイのみをまずは目標か。

勝負は終盤までもつれ、ついに谷井からリーチか打たれる。

ドラ

松ヶ瀬も、

ドラ

このフリテンで押す。

中村はテンパイしているが打点が足りないために撤退。多井もチートイのイーシャンテンで粘るがテンパイできず流局。

松ヶ瀬、谷井の二人テンパイで流局。

優勝は松ヶ瀬。

終始冷静に打ち、丁寧な内容の松ヶ瀬であった。

しかも彼は1日目からトップが1度しかないのに優勝である。これは真に強い彼だから出来た事だと思う。

終戦直後に松ヶ瀬は泣いていた。男泣きである。数年間RMUリーグ入りの為に頑張ってきた努力が実った瞬間である。全ての人間が祝福の笑顔と拍手を送った。

私も素晴らしい戦いを魅せてくれた四人に感謝を捧げたい。松ヶ瀬プロ、本当におめでとうございます。

寺坂直樹
文責 寺坂直樹




Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.