Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


R2第4期のリーグレポートを担当します、津田挙士です。
よろしくお願いいたします。

___

今回の卓組は江澤P、江原、白田という組み合わせ。

白田とは初合わせだが、あまり印象はない。やはりトップを走る江澤Pが気にかかる存在だ。

今回の対局はそんな江澤Pを叩く事を重きにおいて臨んだ。

まず一回戦は起親で始まる。

6巡目で

ドラ

ここにを持ってきて小考、ツモ切りを選択した。

も選択肢にあるのだがもそこそこ良さげでが二枚飛び、切りでを引くイメージが強いのでツモ切ってみた。

そこに3巡後、望外の

打点は低いが待ちがいいのでリーチ。

ドラ持ってない不利感が募るが親番でのびのびと打たせるわけにはいかない。

途中、江澤Pが仕掛けるがが下がってきてツモ。

1000オールで親続行。

一本場
上家の江澤Pから先行リーチが入る。

そのときの自分の手牌が

ドラ

リーチ宣言牌のを喰えばテンパイだがが本命すぎてスルー。

ちなみに江澤Pの河にはの順で落ちている。

すかさずを引き打

下家の江原がを即座にツモ切る。

当たってもおかしくない牌だ。

江原は仕掛けひとつ入れている状態だったので「8000テンパイあるのか?」と思わせる。

そんな中、残りツモ二回でを引く。

ドラ

そっと河にを置くが下家の江原からロンの声が。

678の片上がりの三色ドラ1。

「8000あるかも?」と思っていたので得をした気分だ。

江澤Pに点棒渡す分よりはマシかなとも思った(笑)

東3局手が入る。

4巡目 ドラ

親の白田からリーチが入るがその巡目にを引きテンパイ、一枚切れのを横に曲げリーチ。

白田の現物で脇からこぼれるかな?とちょっと期待したが二人の河が派手になりすぎ一騎打ち状態。

8巡かかって決着、白田がを掴み、自分へ裏ドラの8000の放銃。

東4局またも手が入る。

6巡目 ドラ

親の江澤Pにダブの仕掛けが入ってるがマンズが激安。すぐにテンパるだろうと踏んでいた。

次巡、最高のを引きリーチ。

白田が自分の河のと並んでるのを見てかテンパイなのか、を切って親に放銃。

この局はツモか、江澤Pから直撃するチャンスだったので肩を落としてしまった。

江澤Pに手が入りだし、親の連荘で江澤Pがトップ目に。

やっと親を2600は3800で落としたが大きく差がついてしまった。

そんな中、南2局で北家

2巡目 ツモ ドラ

ホンイツに向かい、すぐさまが鳴けて

ポン ポン ドラ

白田から長考の末、が出てくる。

手が入って勝負されたか?と思ったがトイツ落としだった。

舐められてるのか? と思ったがある意味チャンス。

をツモったと入れ替え、 ポン ポン ドラ

白田からが鳴けて ポン ポン ポンドラ

さすがにみんな降り始め、時間はかかったがツモって2000、4000。
ここでトップ目に立つ。

オーラス江澤Pの連荘をさせないため、果敢に仕掛け1000で終局。

しかし、江澤Pが二着、予定通りとはいかない。


2回戦も起親で始まる。
いきなり配牌がいい。

5巡目 ドラ

ソウズのが二枚ずつ飛んでいるので打とした。

次巡を引きテンパイ取らずの打

2巡後を引きがそんなに悪くなさそうなのでリーチとしてみた。

勝負手だからじっくり行きたいトコだが周りの手の進み具合が気にかかってしまった。

次巡、上家の白田がリーチと来る。

が、すぐにをツモ。4000オールと出だしは好調だ。

親落とされ、江原に4000オール食らうが、並びはいい。

白田も上がりを重ね、江澤Pをダントツのラスに叩き落して展開は最高、だった。

事件は南1局、自分の親番で起こる。
配牌をピンズに寄せ、11巡目 ポン ドラ

ツモ切ったに江原がチー。

江澤Pがをピシッと曲げリーチ。

嫌な予感はした。この予感は一発ツモという形で的中する。

ドラ

リーチ一発ツモ三暗刻ドラ3 4000-8000

江澤Pが役を数えるくらいなのだから出来過ぎだ(笑)

親っかぶりで3着へ転落、ラス前に江原から3900直撃して2着でオーラスへ。

配牌がドラの二枚使いで高揚するも、やはり簡単には鳴けず、

8巡目にしてとまとまり、

すかさずドラのが白田から出る。

天の恵みか?と思いつつ、ポン、と発声。

次巡ツモ、なんともラッキートップである。

しかし、またも江澤Pが2着。

もはや目標とはなんだったのか?(笑)

三回戦は西家で始まる。

東3局、自分の親番で白田が5巡目リーチ、即ツモる。

メンピン一発ツモドラ裏。

6000の払いはとても痛い。

東4局 ドラ

これを曲げて仕掛けてる江原から4でロン。裏が一で8000となる。

南1局ダブリーチャンスが来る。 ドラ

しかし、ダブリーにはならず、転機が3巡目に訪れる。が河に放たれる。

ポンという声が勝手に出る。

すぐさまが出てそれもポン。

ポンポン

ここにが江原から出てポン。

8000のテンパイを5巡で組む形となった。

ただし、待ちはほぼ透けているといって過言でない。

ツモ専だが、ツモ山にがいて2000、4000となった。

ここでトップ目なのだが、やはり江澤Pが黙ってない。

親番で江原から12000討ち取り、またもトップ目へ。

オーラス3つ巴となり、ドラ七 トップまで3200差

なんともありがたい配牌をもらう。

4巡目にまとまり

ピンフドラ2のシャンテンだ。

ここで白田から出てポン、仕掛けの利く手牌に変える。

すぐさまを引き、白田からで3900の上がり。

またもやラッキートップである。

これで三連勝なのだが、江澤がオール2着。

まったくもって最初の目標とは……? だ。

4回戦またも起親で始まる。

親はあっさりと流れ、白田フィーバーが入る。

2000オール、江原から12300と上がりを重ねダントツへ。

東3局自分も上がりをと積極的に仕掛ける。

7巡目 ポン ドラ

しかし、仕掛けた瞬間江原からリーチ。

困ったことになった。河には情報がほとんどない。

そんな中、江原のに合わせ打ちで上家の江澤Pからが出る。チーだ。

チーしたら普通出る牌は、とても危ない。

危険牌だが上がりは見える。

だが、よくよく考えると持って来て放銃が嫌だ。

江原の河には3巡目にがあるので打とした。

実際、これについては微妙な打牌だが自分の読みがソウズの下も含まれてるので読みと心中するつもりで

これがとても上手くいく結果で1300、2600の上がりとなった。

実際、切って勝負していると白田からを討ち取れたので(は江原の現物)答えは間違ってたのかもしれない。

ここから白田が調子を崩したか、点棒を配り始める。

じりじりと減らし、そこへ江澤Pのリーチに全ツし、8000放銃。

江澤Pがトップに躍り出る。

そんな勝負もオーラス、トップとは12300差、2着の白田とは2300差。

手は軽いのが入った。

ドラ

ここにを持ってきて小考、打とした。

すぐさまを持ってきてテンパイ。一手変わりでタンヤオと三色が見える。

次巡をツモって上がった。2着でいいやというのもあったが、点棒を減らした白田を、そのまま3着に落としたかったのもある。


順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
1 江澤陽一 247.3 ▲34.4 132.8 90.6 58.3
2 津田挙士 148.7 44.8 18.0 3.0 82.9
3 仲川翔 125.7 48.4 85.7 7.9 ▲16.3
4 梁瀬健太郎 50.4 ▲15.5 40.8 ▲38.0 63.1
5 小林景悟 18.3 ▲13.4 49.2 4.3 ▲21.8
6 安達瑠理華 13.7 ▲30.3 ▲24.7 ▲20.8 89.5
7 小室貴洋 2.3 ▲10.8 82.0 ▲43.9 ▲25.0
8 白田みお ▲32.7 ▲25.7 ▲62.4 104.9 ▲49.5
9 大仲勇樹 ▲48.5 ▲33.8 ▲46.7 0.4 31.6
10 江原翔 ▲57.0 33.0 ▲30.0 31.7 ▲91.7
11 野村祐三 ▲132.0 2.0 ▲51.7 ▲55.6 ▲26.7
12 増田悠理 ▲188.1 21.9 ▲83.2 ▲78.6 ▲48.2
13 白石温郎 ▲191.1 12.8 ▲150.8 ▲6.9 ▲46.2

今回の反省点は予定と大きく違う結果を出してしまったこと。

ただ言い訳させてもらうが、相手が強すぎたという。

もっと自分が強くならないと、と思い知らされた今回の対局でした。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

津田挙士
文中敬称略 文責・ 津田挙士

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.