Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


待ちに待った後期Rリーグの開幕。やはりリーグ戦はピリッとした緊張感があってワクワクする感じがしたアスリートの野村祐三です。

前期の課題を胸に刻み精一杯麻雀を楽しむつもりで対局に挑みました。

対戦相手は、江澤プロ、津田、小林。

R2リーグの中では実力トップとも言える江澤プロとの対戦は、嬉しくもあり緊張が走る。

一回戦は、手が入らず相手のリーチや仕掛けに対応させられラスを引いてしまう。だが、自分なりにちゃんと打ててる感じがしたので、焦らずじっくりチャンスを待とうという意識だった。

二回戦にチャンスは来た。

東4局の南家の4巡目で以下の牌姿。

ドラ

はすでに場に二枚枯れていたが、さえ来れば確実にマンガンが見える。結果がすぐに鳴けたものの、かなり巡目が深くなり他家からリーチも入ったところでツモアガリ。

さらに次局の親番、早い巡目で三フーロ出来て、以下の牌姿を一回戦トップの津田から直撃をとることに成功。

ポン ポン ポン ドラ ロン

これが決め手となりこの半荘はトップ。

三回戦は再び津田がアガリを重ねてトップ目。私は南場の親を迎えてラス目だったが以下のチャンス手が入る。

ドラ

ポンテンの親満の牌姿、ここにを持ってきて少孝。ポン出しので簡単にを出してくれる優しい面子ではない。ならば少しでも待ちがぼやけるを残したらどうか?

結果、中盤にが鳴けて江澤プロの放銃。後に江澤プロから聞いたがが最終手出しだったら放銃はしていないとのこと。

これで三着に浮上して親が落ちた次局に、三色のマンガンをツモアガリして二着に浮上してそのまま逃げ切ることが出来た。

南場の親で、ラスだったことを考えると上出来とも言える結果だ。

四回戦は南3局で誰でもアガれるようなマンガン手が入り、これをツモアガり。

リーチして跳ツモを狙うべきだったという判断が正解だったのかと今では悔やんでしまう。結果オーラスで捲られ三着、リーチしてればトップ終了だった。


2013R2リーグ前期(上位2名昇級、下位2名降級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 仲川翔 48.4 48.4        
2 津田挙士 44.8 44.8        
3 江原翔 33.0 33.0        
4 増田悠理 21.9 21.9        
5 白石温郎 12.8 12.8        
6 野村祐三 2.0 2.0        
7 小室貴洋 ▲10.8 ▲10.8        
8 小林景悟 ▲13.4 ▲13.4        
9 梁瀬健太郎 ▲15.5 ▲15.5        
10 白田みお ▲25.7 ▲25.7        
11 安達瑠理華 ▲30.3 ▲30.3        
12 大仲勇樹 ▲33.8 ▲33.8        
13 江澤陽一 ▲34.4 ▲34.4        


成績は上から下まで100ポイントも離れていない団子状態、とはいえまだまだ一節目。一回で順位が総入れ替わりしてもおかしくない緊張感があります。

競技麻雀にご興味がある方は、ぜひ、Rリーグを観戦にいらしてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


野村祐三
文中敬称略 文責・ 野村祐三

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.