Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


こんにちは。
今回のR1第三節は、アスリートの湯澤がリーグレポート担当させて頂きます。

一節、二節と麻雀の内容が悪く最下位。ここで踏ん張らなければいけない。そういう気持ちで打ちました。

1半荘目は開局から5局連続和了してトップ。

2半荘目は南家スタート。

6巡目でドラ

ドラ

→ツモ→打→ツモ→打→ツモ→打リーチ

親の山田はもしかしたらダマテンの可能性がある……。そう思いつつも打ったリーチでした。

結果は、親の山田にツモ切り追っかけリーチを打たれ

ドラ

この12000の放銃となりました。

しかし最下位の自分は、反省はしても諦めている暇なんてない。

東4局 ドラ

7巡目に北島からリーチが入る

捨て牌は

リーチ

自分の手牌が

ドラ

ここにツモ→打→ツモ

ここでが3枚見えだからリーチにいってしまうこともある。

ただがツモ切りだったのを正確に覚えていました。

小考して打→ツモ→打→ツモ

望外の3000.6000

ここから立て直して終わってみたら2連勝。

気分もいい3半荘目は、東発親番5本も積んで6万点もあったのに、南場で集中力を切らしてしまいました。

17000点しかなかった中村が親番で倍返し!!と言わんばかりにアガり、あっという間に90000点。

特に酷いのが


ドラ ツモ

これでが7枚見え。

親の中村は縦系の捨て牌。変なのはやめようと思ったのにツモってきたをツモ切り。

このクソ手から9600+1500点なんて払えません。

結果は37400点の2着。本来なら3連勝もできたと思います。

精彩を欠いたとしか言いようがない……。

4半荘目は流れるように局が進み、ピンポイントの和了で37400の2着。

合わせて+99.9!

順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 鈴木智憲 128.4 38.2 48.5 41.7    
2 石川泰之 101.3 38.3 65.2 ▲2.2    
3 渡辺卓也 52.9 11.2 43.7 ▲2.0    
4 宮本卓 50.4 63.4 ▲46.6 33.6    
5 松ケ瀬隆弥 44.4 ▲30.1 125.3 ▲50.8    
6 萩原亮 20.4 ▲8.9 10.1 19.2    
7 中村浩三 15.6 ▲19.3 ▲56.9 91.8    
8 山下健治 ▲1.4 28.5 ▲27.0 ▲2.9    
9 北島路久 ▲14.5 ▲26.9 ▲45.8 58.2    
10 宮田信弥 ▲18.2 ▲2.5 20.9 ▲36.6    
11 湯澤栄鎮 ▲19.1 ▲85.3 ▲33.7 99.9    
12 山田田 ▲139.7 ▲2.7 ▲46.6 ▲90.4    
13 伊藤太 ▲224.5 ▲5.9 ▲59.1 ▲159.5    


反省点はたくさんありますし、実力不足も多々あるとは思いますが僕自身精一杯研鑽していきますので、応援よろしくお願いします。


湯澤栄鎮
文中敬称略 文責 湯澤栄鎮

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.