Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


こんにちはPMUアスリート、北島路久です。
2013年度R1リーグ第1節のリポートを担当させていただきます。乱文乱筆ですが、よろしくお願いします。

先週のオープンリーグに続き、2013年度のRリーグもスタートしました。

団体所属選手として、カップ戦やタイトル戦も大事ですが、年間通して戦うこのリーグ戦は特別です。自分の団体内での位置付けや、実力や精神力、雀力を鍛える意味でも自分の中では、一番大切にしていきたい対局だと考えています。

第1節の卓割は期首順位での対局となるため、以下の通り。

1卓 萩原、壽乃田、石川、山田
2卓 安達、宮本、松ヶ瀬、渡辺
3卓 宮田、鈴木、中村、北島、山下

1期前に降級してR2から半年振りにR1に昇級して、宮田P、鈴木P、山下Pとは久しぶりの対局となります。

折り返しや最終節とは違い、皆同じスタートからの対局となるので、それぞれが新たな気持ちで、このリーグ戦に向かっていると思います。

自分としては前節のR2での戦いで、序盤から最終節まで首位にいて、終われる立場を初めて経験しました。
その位置を守る難しさを改めて思い知らされました。
結果中村Pに直接対局でかわされてしまい、悔しい気持ちの準優勝になりました。

序盤の戦いとしては、様子見とかでなく、とにかく攻めの麻雀をと思い向かって行ったので、こんなリーチを……。

1回戦東3局
ドラ ツモ

まだ、アガリのない状態でしたので、こんな状態でも迷わずリーチを選択。

この厳しいメンバー相手のリーチは、出アガリも期待できないので、かけた以上はいつも思っているのですが、ツモるつもりで即リーチ!
結果一発でツモり2000・4000

結局連勝出来たのですが、終わってみれば

1・1・4・4

相変わらず出入りの激しい麻雀をしていますが、前節の反省から、今節はよそ行きの麻雀ではなく、自分の持ち味の出る麻雀で押していこうかと思います。

順位 選手名 合計
第1節
1 松ヶ瀬隆弥 67.2 67.2
2 壽乃田源人 65.6 65.6
3 中村浩三 33.7 33.7
4 北島路久 21.1 21.1
5 安達瑠理華 4.3 4.3
6 渡辺卓也 4.1 4.1
7 石川泰之 2.7 2.7
8 山下健治 ▲7.9 ▲7.9
9 宮田信弥 ▲8.8 ▲8.8
10 萩原亮 ▲14.0 ▲14.0
11 山田田 ▲54.3 ▲54.3
12 鈴木智憲 ▲58.1 ▲58.1
13 宮本卓 ▲75.6 ▲75.6

さすがに、R1リーグは不調者もそれなりに押し戻してくるので、上下のポイント差が少ないのも特徴です。

今節は、何とかプラスで凌げましたが、本当の勝負はこれからです。

次回もまた明るいレポートを送れればと思います。

R1第2節は、5月19日の日曜、午前11時より神楽坂ばかんすにて行われます。皆さんもぜひ観戦にお越しください。


私事で恐縮ですが、先日の日本プロ麻雀協会主催の日本オープンで優勝して以来、いろいろな方から声をかけて頂き、改めて競技麻雀選手としての自覚を持ち、対局に対しても真摯に向えるようになりました。

この場を借りて、ご声援ありがとうございました。

北島路久
文責 北島路久

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.