Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


後期R3リーグ最終節、リーグレポートを担当させていただきます増田悠理です。

よろしくお願いします。

___

私は+128.3とリーグ内トップの成績で最終節を迎えました。

そのため、今回は攻め3割守り7割で、守り重視の麻雀をしてみようと意識して臨みました。


今節の同卓者は、小室さん、佐野さん、深津さん。

1回戦目 北家スタートでした。

とても打点が高い、派手なツモアガリが多かった半荘で、さらに親の連荘が続く厳しいものでした。

私の手牌は悪かったため、何もできず、ただツモられた分の支払いがかさむばかり。

しかし終わってみれば、アガったのは2局のみでしたが、500点浮きの2着でした。

手牌が悪かったために徹底的に防戦に回れたのだと思います。

結果、意味のある2着を取れたのでとても勉強になりました。

2回戦目 またもや北家スタート

個人的に北家スタートは好きではないです。オーラスに親を迎え、どのようにゲームを終わらせたらいいか困ってしまうことが多いので。難しく考えすぎなのかもしれませんが……。競技麻雀は本来、ラス親が圧倒的有利ですが、私はまだそれを活かせていないようです。

そして、私の未熟な部分が露呈した局もありました。

東3局 南家 10巡目

ドラ

点数状況は全員平たかったです。

ここで、私は迷いました。切りか切りか。

一通にいくのが自然ですが、ソウズが高く、または一枚切れ。を標的にしてのシャンポンリーチもあるのかもしれません。

私は結局でリーチをかけました。

すると1回目のツモが、そして次のツモがドラので、これを親の小室さんに鳴かれるという最悪な展開になってしまいました。

結局この局は流局しましたが、防戦を意識したらドラが来ることも想定して、を落としていくという選択もあったかなと思います。結果、3着で終了。


3回戦目 またまた北家スタートです。

この局も配牌に恵まれず、また集中力も途切れがちになり、オーラスを迎えて4着目の親番でした。

ここで4着は痛いので、なんとか連荘したいなぁと思っていたところ、下家の佐野さんからダブルリーチ!

そして自分のツモ番が来る前に、上家の小室さんの打に一発で佐野さんがロンアガリ。

後から小室さんから聞いたところ、は暗刻だったとか。こんな漫画みたいな展開があるのかと思いました。
結果的にマンガン分の移動があったため、救われる形で3着。

3回戦目が終わった時点で私はリーグ内2位。1位とは約3万点差、3位とは約4万点差でした。

4回戦目 南家スタート

やっと北家から解放されてウキウキでしたが、まだ配牌が悪い状況。

とりあえず2着以上を目指そうと、守りを念頭に打っていましたが、南3局にとてもびっくりするような展開がありました。

南3局
配牌

 ドラ

ホンイツを目指していきましたが、12巡目。

ツモ ドラ

ここで生牌のドラを切れるのかどうかというところで小考。素直にアガリをめざし、切りを選択しました。

そして次巡、

ツモ ドラ

ここで切り。

ドラ

そして次のツモでを引きました。


思い返せばタテ目を意識しすぎずに、切りのところでだったかと思いますが、なんとか15巡目にをツモリ、倍満をアガることができました。

今までの運のなさはこの局のためにあったのかと思いました。

オーラスも差しさわりなく終わり、トップ。

結果、リーグ内トップでリーグ戦を全て終えることができました。

<ここに順位表>

今回は反省の多い節になりましたが、優勝することができて本当にうれしかったです。

来期はR2リーグに北岡あおいさんと参加することになりますが、精一杯頑張りたいです。

増田悠理
文責:増田悠理

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.