Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


はじめまして、今回リーグレポートを担当します、増田です。私は今期からリーグ戦に参加しています。

私は場況を覚えるのがとても苦手なので、リーグレポートをしっかり書けるかどうか不安なのですが、どうぞよろしくお願いします。

R3リーグ第3節は12月16日、神楽坂の「ばかんす」で行われました。
1節、2節と大きなマイナスもなくリーグ内2位という状態で第3節に望みました。

対戦相手は先輩の深津さん、佐野さん、そして同期で入会した柏さんでした。

全体的に配牌は悪くないものの、キー牌が序盤のうちに切れてしまいなかなかテンパイまでもっていけず苦しい状態でした。しかし勝負どころで一発ツモに救われ、なんとか大きなマイナスになることなく3節を終えることができました。

印象に残った局を2局ほどですが紹介します。

1つ目は1回戦目のオーラスです。

1回戦目は柏さんが絶好調で満ツモなど高い手が目立っていました。

柏さんは一時5万点以上持っており、私は2着目でした。

迎えた南4局オーラス、北家
親は佐野さん

配牌
ドラ

3着目の佐野さんとわずか2000点差しかない状態で、トップ条件も厳しかったため2着を狙おうと思っていました。そのため、「ドラ1」で決まりかなーと早い段階でを鳴きました。

その後、
ポン ドラ

この形になり、にくっつくのを期待してイーシャンテンを迎えたのですが、なんとまたドラのをツモり

ポン ドラ

はすでに2枚切れていたので分が悪いと思いつつ、とりあえず打でテンパイをとったところ、すぐに佐野さんからロンアガリとなりました。

2000点のつもりの手が、ドラのおかげで変化していったのは面白いなと思いました。

2つ目は3回戦のオーラスです。

私は3着目で2着目と2万点以上の差がありました。

配牌の時点でドラのがカンツ。「これは逆転のチャンスか……」と内心わくわくしていましたが、わずか4巡で上家の柏さんがとポン。が完全に切れなくなり、結局抱えたまま、こんな形に。

ドラ

親の私はツモ番を増やして何とか形テンを取ろうとカンをしましたが、その後すぐに柏さんが2000点のアガリで、3着で終わりました。

第3節は終わってみれば2-3-3-2とさざ波のような+0.6で終了しました。

順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 大塚一二三 88.8 77.5 41.3 ▲30.0    
2 増田悠理 64.1 ▲10.1 73.6 0.6    
3 北岡あおい 46.9 ▲7.4 ▲30.0 84.3    
4 柏昌徳 20.3 ▲45.1 5.6 59.8    
5 小室貴洋 ▲10.7 9.0 3.1 ▲22.8    
6 深津海帆 ▲25.7 4.7 ▲38.9 8.5    
7 小美野光昭 ▲72.4 ▲6.6 ▲16.6 ▲49.2    
8 佐野たか子 ▲80.5 ▲25.8 14.2 ▲68.9    
9 渡辺太郎 ▲101.8 ▲6.2 ▲82.3 ▲13.3    
10 深谷祐二 ▲140.0 ▲40.0 ▲100.0 休場    

あと2節、リーグのポイントはそこまで差がなく今後どうなるかわかりませんが、最終節まで体調に気をつけて頑張りたいと思います。


増田悠理
文責:増田悠理

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.