Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


はじめまして。今回リーグレポートを担当させていただく小美野です。
最後までよろしくお願いします
私は2012年の今期からリーグに参加させてもらっています。
初めての競技麻雀の世界はいろいろと大変な事もありますが、学ぶ事も非常に多いです。
今回R3リーグは上位3人が昇級の為、試合前の時点で4位の私はいかにポイントを増やせるかが大事、難しい事を考えなくてもいい分、分かりやすい状況でもあります。

最終節。
天気はあいにくの雨ながら気温が下がり、暑がりの私は気分良く会場に入ることができました。
気分良く入れたからなのか、1回戦起家で始まった東1局から手が入ります。
他家からリーチが入った直後に

ツモドラ

この形でテンパイ。
リーチして追いかけますが、これは流局。

それでもその後も手が入り、1300は1400オール、500は700オールとアガり、4万点を越えるところまで加点できました。

東4局南家
親からリーチが入った後、

ツモドラ

この形でテンパイし迷いながらもを切ってリーチ。
数巡後、親に5800点を放銃してしまいます。
この放銃は点数よりも、迷いながら打ってしまった分、後悔がありました。
リーチで放銃したという結果ではなく、トップ目でいくつかの現物があり、普段なら打たない打ち方をしてしまったこと。
その後攻めと守りのバランスが悪くなってしまい、アガリを逃したり、失点を重ねて結果1回戦は3着で終了。

2回戦は抜け番

3回戦、4回戦はなんとか2着で粘り、そして最終5回戦

この時点で森島選手、湯澤選手の上位2名はポイント的に大きなラスにならなければ昇級という状況、私はこの時点でリーグ3位。4位との差は約36ポイント。
トップか2着を目指し別卓の結果次第という状況でした。

ここで見事に経験不足を露呈してしまいます。

起家で始まった東1局、他家からのリーチに

ドラ

この形でテンパイ。普段ならダマで戦い、どこかでやめるような手でリーチ。
すぐにで放銃。
はリーチ者の現物だったので、いつもなら打たなくていい牌でした。

その後も無理な形で前にでて失点してしまい、取り返そうとすればするほど点数を失い、
この半荘だけで65ポイントもマイナスする結果に。

R3からは森島選手、湯澤選手、そして最後の半荘で大きなトップを取った大仲選手が昇級しました。
昇級を争うプレッシャーに負けた私は5位でした。

順位 選手名 合計 第1節 第2節 第3節 第4節 第5節
1 森島直毅 179.4 82.6 ▲9.0 72.0 1.0 32.8
2 湯澤栄鎮 163.9 77.4 50.3 ▲30.0 9.0 57.2
3 大仲勇樹 70.2 41.0 37.9 ▲2.7 ▲40.4 34.4
4 渡辺太郎 45.8 28.2 24.6 ▲54.2 85.9 ▲38.7
5 小美野光昭 15.4 ▲13.8 1.8 59.8 31.8 ▲64.2
6 深谷祐二 9.3 ▲9.1 44.1 ▲55.2 90.1 ▲60.6
7 深津海帆 8.0 ▲96.5 ▲43.1 92.9 39.6 15.1
8 佐野たか子 ▲122.7 ▲35.4 ▲76.9 24.3 ▲86.1 51.4
9 北岡あおい ▲140.7 13.3 6.9 ▲80.3 ▲82.4 1.8
10 大塚一二三 ▲282.6 ▲89.7 ▲38.6 ▲76.6 ▲48.5 ▲29.2


今期の経験を無駄にしない為にも、来期の昇級を目指したいと思います。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。


小美野光昭
文責:小美野光昭

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.