Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


R3 湯澤栄鎮リーグレポート

_______________

初めまして!
2011年後期に入会した湯澤です。よろしくお願いします。

リーグレポートを担当させていただくのは今回が初めてです。
精一杯書かせてもらいます。

今日は四節目。

最後の五節目に向け、中位~下位の選手は少しでも昇級枠に近づこうとし、上位の選手はポイントをさらに伸ばそうとするこの四節目。
この日の同卓者は、

大塚、北岡、深谷、小美野

この4人。私は抜け番スタート。まずは全員の麻雀を観察です。

私のイメージでは深谷以外の三人は門前派で守備的。深谷はやや攻撃的スタイル。1半荘目は深谷がいつもの攻撃的な麻雀でトップ。待ちに待った自分の対局に。

南場までは自分以外の三人が主導権を持ち、自分の出番はなし。親番もあっけなく蹴られてしまい諦めムードが流れるも、南2局に大塚からマンガンを和了。

さらに南3局。

ドラ

このテンパイからを切りリーチ。終盤をツモリ裏で満貫ツモ!

オーラストップ目の深谷まで1800点差も、深谷に1300オールをツモられ、次局タンヤオ1000点で自分が和了し1半荘目を終了。

「いい流れ」と思っていたら、2半荘目はラス。3半荘目は3着。

「まずい!!完璧に深谷のムードになってしまった!」

そして最終戦。

東2局の段階で深谷が親マン、親ッパネと連続でツモ! あっという間に6万点オーバー…。

東3局、早々に深谷が仕掛けてくるも、私も負けずに仕掛け500オールのツモ。次局、北岡から親のマンガンを和了。次局で親番を落とされるも、子となった次々局ではさらに北岡からタンヤオドラドラの3900をロン。徐々に点棒を増やす。

南1局

アンカン ドラ カンドラ

このテンパイ。

下家の北岡はマンズ一色。小美野も深谷もソウズは安い。普段はダマテンを選択するが、「ここは自分の流れ」と判断。「ここはツモって裏を乗せて倍満だ!」。

結果は北岡が掴み、ハネ満のアガリとなりました。しかし、今になって思うとこれはかけないほうがいいリーチ。もちろん対局後、多井プロに厳しい指摘を受けてしまうことに…。他2人にソウズを止められ、下家の北岡に3フーロの倍満をテンパイさせるという、大きくアガリ率を下げてしまうリーチとなってしまったことに反省。

南3局。深谷から2900は3500を出アガリし、望外のトップ目に! オーラス1000点で流しこの半荘奇跡のトップとなりました。

第四節は+9で終了。残りはあと4半荘です。

2012R3リーグ前期(上位3名昇級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 森島直毅 146.6 82.6 ▲ 9.0 72.0 1.0  
2 湯澤栄鎮 106.7 77.4 50.3 ▲ 30.0 9.0  
3 渡辺太郎 84.5 28.2 24.6 ▲ 54.2 85.9  
4 小美野光昭 79.6 ▲ 13.8 1.8 59.8 31.8  
5 深谷祐二 69.9 ▲ 9.1 44.1 ▲ 55.2 90.1  
6 大仲勇樹 35.8 41.0 37.9 ▲ 2.7 ▲ 40.4  
7 深津海帆 ▲ 7.1 ▲ 96.5 ▲ 43.1 92.9 39.6  
8 北岡あおい ▲ 142.5 13.3 6.9 ▲ 80.3 ▲ 82.4  
9 佐野たか子 ▲ 174.1 ▲ 35.4 ▲ 76.9 24.3 ▲ 86.1  
10 大塚一二三 ▲ 253.4 ▲ 89.7 ▲ 38.6 ▲ 76.6 ▲ 48.5  

前回は最終節でコケてしまったので、今回こそは一位昇級目指して頑張ります。応援よろしくお願いいたします。

文責・湯澤栄鎮

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.