Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


第一節に続き第三節のレポートもアスリートの野村が担当いたします。最後まで読んでいただければ幸いです。


第一節の大敗から第二節は多少の浮き、昇級を目指す私にとってはもうすでに正念場。

目標は四節までにわずかでも良いからポイントをプラスにすること。

そうすれば昇級にわずかな望みを繋ぐことができる。

対戦相手は、上の順位から江原、伊藤、白石、いわゆる下位四人である。ここから抜け出さないことには何も始まらない。

起家を引いた私、幸い配牌は良いが、伊藤の先制リーチを受けて以下の形に

ツモ ドラ

は無筋でとても切りづらいがリーチを敢行。

通りはしたが直後にドラのを掴み裏ドラも乗り、いきなり8000の放銃となってしまう。

結果は悪く出たが、いつも通り打てているという感覚。

そして今度は私の番。第一ツモでドラが暗刻になり、以下の形で倍満をツモる。

ツモ ドラ

そして、今度は江原の番という神様からの声が聞こえてきそうな南場での以下のアガり

ロン ドラ

放銃者は伊藤、巡目も早く私もドラがトイツで親番だっただけに、私が放銃してもおかしくなかった。

その後は私の先制リーチに江原が臆することなくアガリ切り、結局マクられ終了してしまう。

二半荘目からは白石の番、早い巡目のリーチで高打点をアガり、私は南場で、役役混一をアガるものの三着終了となってしまう。

三半荘目も終始、白石が大暴れ、私は東場と南場の親番で満貫の親被り、ラス前に平和のみのテンパイを入れる。

リーチをしてツモり、裏が乗れば三着浮上という点数、親は連荘している白石。リーチの声をグッとこらえて、流すためにヤミテンとする。

するとここから伊藤がタンヤオ仕掛けで三フーロ、ならば自分もとばかりにリーチを打ちツモって裏を乗せることに成功する。

オーラス、目的が三着維持のために、本来ならばホンイツに向かえる手を役牌のみでアガり切り、展開を考えればラッキーな三着で終了する。


四半荘目も白石がアガりを繰り返す。

道中、印象深かったのが以下の手。

ドラ

捨て牌にはが二枚見えていてが0枚。が誰かの手牌に暗刻である可能性も加味して、ここからをトイツで切り、を暗刻にするか頭に使うことを考えた。

また、この切りには別の意味も込めた。誰かが読み間違えてのシャンポンか単騎待ちのリーチ打ってくれるのではないかと考えたのだ。そうなればその手はほぼ死に手となる。

ほどなく親の白石からリーチが掛かる。待ちの候補を推理する間もなく、一発目のツモで彼の手に踊ったのは、今まさに私が二枚触れているだった。

単騎待ちを一発ツモ。私の小賢しい考えはいとも簡単に打ち砕かれ、心が折れそうになる。

次局、さらに白石の追撃がかかる。私は役牌とドラのシャンポンの形のイーシャンテンになり打。これが白石のワンフーロのホンイツの満貫に放銃。

巡目も早くさらには5、6巡目にはピンズを切り出しており、染め手は想像出来なかった。
南場に入り、もちろん私がラス目、さらには三着目の伊藤に跳満をツモられラスが確定的になった最後の私の親番。

ファクトリーでの多井プロの言葉がふと頭に浮かんだ。

「親のチョンチョンの牌が有効牌かどうか見ておいたほうが良い」

幸いにも配牌でそのチョンチョンが有効牌、私は手牌をまとめのシャンポンドラ1の先制リーチを打つ。これを安めながらをツモり2600オール。

苦しみ抜いた一日だけに、過去にこれ程嬉しい2600オールがあっただろうかというアガりだった。

さらに次局はリーチツモドラ裏をアガり4100オール。これで三着浮上。流局テンパイをはさんで3本場になり以下の形になる。

ドラ

ツモは全てリーチを打つつもりで構えていたらツモ。今度はピンズは全て有効牌になり一通も見えるので(は仮テン)打。次のツモもで仮テン、すると白石に仕掛けが入り次のツモが待望のでリーチを打つ。

これを伊藤から高めで討ち取り、二着浮上どころかトップまで見える位置にくる。

次局は流局で親が流れ、オーラス捲れる手を入れるものの3900の放銃で終了。最初を考えれば上出来という結果になりました。

内容を考えれば、一人にあれだけ大暴れされた中で、素点だけのマイナスで済んだのは、今の私の力量では上出来だと思います

2012R2リーグ前期(上位3名昇級、下位1名降級)
順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
1 江澤陽一 152.4 86.9 0.5 65.0
2 飯島健太郎 123.0 ▲30.0 44.7 108.3
3 梁瀬健太郎 50.7 45.6 59.9 ▲54.8
4 宮本卓 35.7 ▲47.2 81.2 1.7
5 中村浩三 14.4 ▲2.9 12.0 5.3
6 萩原亮 10.2 99.2 ▲33.4 ▲55.6
7 小林景悟 ▲3.5 38.7 ▲42.3 0.1
8 江原翔 ▲52.8 ▲15.8 ▲21.3 ▲15.7
9 白石温郎 ▲61.2 ▲118.3 ▲50.5 107.6
10 野村祐三 ▲79.6 ▲81.8 17.4 ▲15.2
11 小杉正博 ▲79.7 22.3 ▲30.0 ▲72.0
12 伊藤太 ▲174.6 ▲27.7 ▲69.2 ▲77.7

残り二節、残留に向けて上位者に楽な展開にならないように精一杯打ち切りたいと考えてます。

最後まで読んで頂いて有り難うございました。

野村祐三
文責・野村祐三

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.