Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


B級ライセンスの江澤です。

今期はR2リーグレポートの2節目4節目を書かせてもらうことになりました。
乱筆乱文ですが、お付き合いいただければ幸いです。


僕は前期のリーグ戦でR1リーグから降級してしまい、今期からR2リーグで戦っています。

降級したことは、とても悔しいし残念なのですが、
「周りの選手に比べ、弱かったから降級した」
やはり、これが大前提にあります。

しかし、僕はこの業界では比較的長い方なので(何と10年目!)、
とても強いはずの人が、何かの間違いで降級したケースを幾度か目にしています。

そういった人の共通点を追ってみると

「1期で元のリーグに戻る」

ということが挙げられます。

僕が間違って落ちたかどうかは別として、とりあえず1期でR1に戻ることを目標に頑張ることにしました。


そんな心持ちで1節目を戦ってみると、ツモるツモる。(笑)
リーチ一発ツモは計5回、そのうち1回は

「リーチ一発ツモピンフイッツーウラウラ」

という、とても気持ちのいい呪文を唱えさせていただきました。
(実際には「ツモ4000、8000」としか言っていません)

それに味をしめて、第2節もリーチ攻勢で勝負をかけたのですが、毎節毎節そんなにツイているはずもなく、1・2回戦は2着でまとめられたものの・・・。

3回戦にはオーラストップ目の親でこんなリーチをかけて、

ドラ
(が3枚切れでが山にいる感触もない)

「ツモって裏ドラが乗れば6000オールだぜ」

などとヨコシマなことを考えていたら、ラス目の選手の追いかけリーチにマンガンを打ち上げてしまい、驚愕の3ランクダウン(トップ→ラス)を食らってしまいました…。

その後の4回戦もオーラス2着目から、この日尻上がりに調子を上げてきた飯島プロの芸術的なアガリでまくられて3着になり、2・2・4・3という不本意な結果に終わってしまいました。

2012R2リーグ後期(上位3名昇級、下位1名降級)
順位
選手名
合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 梁瀬健太郎 105.5 45.6 59.9      
2 江澤陽一 87.4 86.9 0.5      
3 萩原亮 65.8 99.2 ▲33.4      
4 宮本卓 34.0 ▲47.2 81.2      
5 飯島健太郎 14.7 ▲30.0 44.7      
6 中村浩三 9.1 ▲2.9 12.0      
7 小林景悟 ▲3.6 38.7 ▲42.3      
8 小杉正博 ▲7.7 22.3 ▲30.0      
9 江原翔 ▲37.1 ▲15.8 ▲21.3      
10 野村祐三 ▲64.4 ▲81.8 17.4      
11 伊藤太 ▲96.9 ▲27.7 ▲69.2      
12 白石温郎 ▲168.8 ▲118.3 ▲50.5      

1節目で珍しくロケットスタートを決めたので、今節は調子に乗ってしまいましたね・・・。

内容的には反省しきりですが、結果はプラス0.5ポイントとそれ程酷くなかったので、
心機一転して、次節以降は内容の濃い麻雀を打ちたいです。

文責:江澤陽一

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.