Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


今回R1リーグのレポートを担当する萩原です。宜しくお願いします。

___

今回が最終節だったわけだが、開始前の時点で、8位の山田プロまでが、プラスポイントという大混戦。

私は首位にいたものの、あって無いようなポイント差だったので、あまり戦略的な事は考えずに、むしろ普段通り打つと決めていた。

相手は宮本プロ、渡辺プロ、山田プロの三人。

普段からプライベートでも打つメンツなので、手の内はお互いに知っているメンバーだ。

一回戦は、最高打点が宮本プロの5800で、全体的に小場のまま終わる。

自分は一度チートイツをアガッただけだが、テンパイ料でしぶとく二着でオーラスを迎える。
しかし、オーラスに宮本プロに1000点を放銃してしまい、31100持ちの三着。

これで宮本プロとポイント的に並ばれるが、焦りは無い。


二回戦

前回の三着で腹をくくったのが良かったのか、
東場の親番で2000オールとラッキーな6000オールをアガる。

このまま一人旅かと思いきや、山田プロに迫られる。

しかし、なんとか凌いで、43600持ちのトップ。宮本プロは痛恨のラスを引いたので、精神的にも余裕が出てきた…


三回戦
東場から優位に局を進めていたが、南場の宮本プロの親番で、三件テンパイに完全に手詰まりしてしまい、親に7700を放銃。これで23800持ちの三着目まで落ちるが、オーラス300、500をツモり、なんとか24900持ちの二着で終了。

長いインターバルの間にポイントを確認すると、自分は108.8で首位にはいたが、二着目の安達選手が91.3、宮本プロが80.2といった状況。最低でも連対条件といったところ。


四回戦
東1局、渡辺プロのリーチを掻い潜り1000、2000をツモ。感触は悪くない。

東3局

親の渡辺プロが一巡目から手出しでと強烈な捨て牌。さらにダブを仕掛けて、ピンズのホンイツに向かっている。


勝負処と感じていた私は、ピンズをぶつけてリーチ。

ドラ

結果は数巡後にをツモり1000、2000。

そして、一番記憶に残っているのが、東4局

手にした配牌が

ドラ

とした後、6巡目にツモでテンパイ。

更に4巡後に、ツモで以下の牌姿

 ドラ

この手を宮本プロのでアガり8000点。

そのままリードを守り、44900持ちのトップで終了。


<ここに順位表>

終わってみれば優勝という最高の結果が出て、素直に嬉しかったが、内容的にも75点位の麻雀が打てたのが良かった。

最近麻雀のバランスが、大分良くなって来たように思う。

日頃の勉強の成果がたまたま形になって表れてくれたが、まだまだ足りない部分があるので、今後も怠らずに精進しようと思います。


萩原亮
(文中敬称略・文責 萩原亮)

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.