Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


ここ10戦トップを取れず、大きく成績を落として迎えた第3節。
前節は1回戦目にトップを逃し、焦りからバランスを崩してしまった。
同じ誤ちを繰り返さないよう心に誓い、卓に座る。

対戦相手は、山田、鈴木、仲川。

東1局

北家、中盤役牌が3組トイツ、すべて鳴け、5200の出アガり。

ポン ポン ポン ロン

しかし、その後は早いイーシャンテンになるも、他家も早くアガりに結びつかず、
ラス目でオーラスの親を迎える。



このイーシャンテンまで手が進む。

上家の山田がピンズ、マンズの切り出し。7巡目。次巡の仲川のにロンの声。1枚も余らずの国士無双で1回戦を終える。

ほぼ地蔵だった2回戦、唯一攻めた東3局1本場。
山田のリーチに追いかける。

ドラ

この2軒リーチは山田の勝ち。

ドラ ロン

オーラス、ラス目鈴木の4000オールでラス落ち。

3回戦は東3局の親で、この形。

ドラ

のポンテンを取るが、なかなかアガれない。途中ツモで待ち変えか迷ったが、そのまま。

終盤、鈴木のリーチ。数巡後、メンホンチートイツのテンパイの山田からがこぼれ、12000。アガれたものの待ち変えしておけばリーチのまえに2600オールだった。自分の雀
力のなさが局を長引かせてしまった。

トップこそ取れたが、一番ダメな半荘だった。


4回戦、東1局に早くもチャンス手。しかし、仲川の先制リーチが入っている。

そして追いつく。

ドラ

ツッパりで放銃。出来合いのソウズのイッツーで8000。

ドラドラのテンパイだが、は現物、も通りそうだった。イーシャンテンに戻してもいい局面だった。

東場で仲川のダントツになり、2着を目指す。南1局4本場、ドラのが重なりリーチ。

ドラ ツモ

2000、4000は2400、4400。

ラス前には、800、1600は1000、1800をツモり、2着まで200点差まで詰め寄るもここまで。


順位 選手名 合計
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
1 安達瑠理華 100.5 73.8 ▲25.7 52.4    
2 宮本卓 64.7 ▲8.0 20.8 51.9    
3 壽乃田源人 41.8 38.5 33.3 ▲30.0    
4 渡辺卓也 41.5 ▲34.2 76.1 ▲0.4    
5 萩原亮 35.5 45.3 ▲28.2 18.4    
6 松ケ瀬隆弥 30.2 ▲11.2 15.5 25.9    
7 石川泰之 0.6 0.6 59.6 ▲59.6    
8 山田田 ▲12.7 ▲40.2 ▲16.8 44.3    
9 宮田信弥 ▲13.1 31.0 ▲52.2 8.1    
10 飯島健太郎 ▲14.3 ▲6.5 88.9 ▲96.7    
11 鈴木智憲 ▲91.9 ▲63.8 4.8 ▲32.9    
12 山下健治 ▲98.5 26.0 ▲96.5 ▲28.0    
13 仲川翔 ▲117.3 ▲53.3 ▲80.6 16.6    


卓内では、国士をアガった山田、放銃したあと巻き返した仲川が浮き、上記の結果に。自分は降級圏を脱出できなかったが、いろいろと勉強になった一日だった。残り2節、少しでもマイナスを減らせればと思う。


山下健治
文責 山下健治

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.