Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


皆さんこんにちは。B級ライセンスの宮田です。
今節は、私がR1のリーグレポートをお送りいたします。

___

前日のクラウン決勝の激闘から一夜明けた「ばかんす」で、Rリーグが行われました。その舞台にいて、最終半荘前まで首位ながら結果2位に終わった私は、確かに肉体的、精神的な疲れは残っていました。逆にそれだけ集中して麻雀が打てていた翌日ということで、1半荘目から対局に入りやすいと思っていました。

今節の私の組み合わせは、上から順に萩原、石川、宮本の3人。しかも、使用する卓はたまたまですが昨日使っていた卓でした。

思っていたように、実際に集中して対局には入れたのですが、いくら思っても手がついてきてくれるわけではなく、1半荘目はほとんど形にならず、細かい放銃があっただけのノーホーラでラス。

ただ、全体的に満貫ツモが1回あっただけの小場だったためか、ラスといっても24,500あり、また最終ツモで親の石川を警戒してテンパイを崩したら全員ノーテンの局があって、その瞬間、あれはどうだったんだろうと思って対局が進んだのですが、終わった後の半荘の合間に多井さんとの会話で

「へー、あれ行かないんだ。でもあれ切っていると、石川にテンパイが入るんだよな」
という話を聞いて、そこまで感覚はズレていないな、という思いで次の半荘へ。


2回戦に入っても配牌は相変わらず、東2局も

ドラ

こんなどうしようもない配牌。しかし、ここからツモが利いて、12巡目くらいに

ドラ

こんな三色ドラ1のテンパイになり、待ちとしては悪くないが同巡に宮本がを切っていたのでダマに構えていたところ、宮本がトイツ落としで5,200の、本日初のアガリ。

その後、ツモられやノーテン罰符で徐々に点数が削られるが、この半荘も最高打点は満貫ツモが1回あっただけだったため、原点くらいの2着で終わる。

3回戦に入ってもこの展開は変わらず。を鳴いて大三元含みのホンイツイーシャンテンがかわされたり、逆にドラポンとホンイツが相手に入った局をメンゼンのタンヤオのみの700-1,300でかわしたりと、大物手が出ない。

オーラス、親の萩原がアガって1本場、トップの石川と7,300差の2着目で萩原から先制の親リーチがかかるが、同巡こんな形で追いつく。

ドラなし

三暗刻確定形は、四暗刻の変化を見てリーチをかけないことが多いのだが、オーラスで出アガリ6,400でトップになるのなら話は別で、当然リーチでぶつける。これをツモって2,100-4,100で4万点くらいのトップが取れ、この日の浮きに回る。

3半荘ともこんな展開では当然進行時間も早く、他の卓にはまだ3半荘目が始まったばかりのところもある。その卓のスコアを見に行くと、どこも結構荒れている。特にR1は、1卓では飯島が2半荘で100以上浮いていたり、渡辺が1半荘目に9万点近く叩いていたりと、特に大荒れ。それに引き換え、私の卓はいまだに5桁のアガリが1回もない。

ところが……。

最終4回戦、つまらない2,000点放銃を石川にした後の1本場、

「ツモ、8,000-16,000は8,100-16,100」

私が混一ドラドラをテンパイしている中、宮本が四暗刻をツモアガる。そこから、

・ダブ三暗刻イーシャンテンで、いかにも危なそうだけど全く使えないドラ表で石川のリーチに満貫放銃

・下家の萩原の国士模様に対し、自分が4枚目のを引いて気が緩んだのかドラドラのリーチをかけると、親の宮本に押し返され、メンチン放銃

など、堰を切ったように点棒が出て行って、途中で点棒を借りたのに終わった時には点棒表示が1万点を切って、1半荘で65もマイナスしてしまう始末。

今になって思えば、役満ツモられで展開が壊れてからも、自分の手牌に溺れず、もう少し冷静に対処しないといけなかったのかな、と。

そして、結果はこのようになりました。

順位 選手名 合計 第1節 第2節 第3節 第4節 第5節
1 飯島健太郎 82.4 ▲6.5 88.9      
2 壽乃田源人 71.8 38.5 33.3      
3 石川泰之 60.2 0.6 59.6      
4 安達瑠理華 48.1 73.8 ▲25.7      
5 渡辺卓也 41.9 ▲34.2 76.1      
6 萩原亮 17.1 45.3 ▲28.2      
7 宮本卓 12.8 ▲8.0 20.8      
8 松ヶ瀬隆弥 4.3 ▲11.2 15.5      
9 宮田信弥 ▲21.2 31.0 ▲52.2      
10 山田田 ▲57.0 ▲40.2 ▲16.8      
11 鈴木智憲 ▲59.0 ▲63.8 4.8      
12 山下健治 ▲70.5 26.0 ▲96.5      
13 仲川翔 ▲133.9 ▲53.3 ▲80.6      


2半荘で100ポイント近く浮いていた飯島は、その後若干減らしたもののトップ、私は下位卓の筆頭の9位にまで後退してしまいました。

しかしながら、首位までまだ100ポイントあまりと、挽回不可能な差ではないと思われるので、クライマックスシリーズ出場に向け、残り3節に全力を尽くしたいと思います。

宮田信弥
(文中敬称略、文責 宮田信弥)

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.