Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節


みなさんこんにちは、RMUの仲川翔です。

今回のリーグレポートは最終節ということで、R1を勝ち抜きクライマックスリーグ進出の権利を獲得した仲川翔山田田の対談形式でお送りしたいと思います。

どうぞ最後までご覧ください。

-----------------------------------------------------------

山田:えー、まずは…仲川君、1年ぶり2度目のR1優勝おめでとう!

仲川:ありがとうございます!

山田:終わってみればダントツの+213.1ポイント。今期は特に強かったね。何か麻雀変ったんじゃない?

仲川:うーん…。ネット麻雀の天鳳をやるようになりまして、それでラス(4着)回避の意識が強くなったかもしれないですね。

山田:なるほど。

仲川:たまたまなんでしょうけど、それで今期Rリーグ20半荘でのラスが1度だけだったのが今回の勝因になったかなと思います。

山田:ラス回避かぁ。確かに、局面局面でのアガリが厳しくなったし、対処の仕方もしっかりしてた印象があるね。

仲川:まあ、スコア的に余裕の出来た第3節あたりから打点より速度・卓回しをメインに考えていたのもあって、余計にそう見えたかもしれないですね。

山田:「スコアに余裕」か。羨ましい話だねぇ。

仲川:でんさん、今期はスタートダッシュに失敗してましたからね(笑)。

山田:そう!実はこのRリーグの開幕戦で沈んだ記憶が無いのよ。それが、今期はいきなり第1節に90近くもマイナスしちゃって。

仲川:ええ、珍しいなと思ってました。

山田:ただ、沈んじゃったものは仕方がないわけで、ちょっとずつマイナスを返していこう、と。

仲川:実際、2~5節にほぼそのようにスコアが動いてますね。

山田:4節目に100も叩けたのは嬉しい誤算だったけどね(笑)。まあともかく、第1節に大きく沈んでから、自分がクライマックス進出の権利が貰える所まで来れたのは今回非常に良い経験をさせてもらったと思うよ。

仲川:なるほど…。そう言えば僕も、以前に書きましたけど、早い段階で首位に立った所から最後まで逃げ切れたというのは、今後の自信に繋がる良い体験をしたと思います。

山田:逃げ切り、か。最後もちゃんとプラスで終えてるもんね。最終節はどんな感じだったの?

仲川:そうですねぇ。ここぞという所で高い手をツモれたり、勝負所で裏ドラが乗ってくれたり、本当ツイてましたね。4半荘でハネ満3回もアガれるとは思ってなかったです。

ツモ ドラ

リーチロン 裏ドラ

リーチツモ

山田:バカヅキだね(笑)。

仲川:ありがとうございます(笑)。でんさんの方は最終節、どうでした?

山田:いやほんと、最後まで痺れる対局だったよ。

仲川:そのようでしたねぇ。

山田:初戦は順位的にライバルの壽乃田プロが抜け番で、俺がトップ取ったの。

仲川:幸先良いスタートだったんですね。

山田:2回戦目は俺が抜け番で、壽乃田プロが3着。

仲川:ここでマクリが現実味を帯びて来たわけですな…。

山田:まだまだここでは考えてないよ。3戦目の直接対決で、苦しい半荘だったけど2着を拾えたのは大きかったかな…。この時点でポイント的にだいぶ楽になって少し意識したかな。

仲川:おお

山田:でも4回戦がね、自分がラスの壽乃田トップという最悪の展開で。その差は14.4ポイント差に詰まってしまって。

仲川:あらら、やっちゃいましたね…。そして最終戦、ほぼ着順勝負となったわけですな。

山田:そう。それで迎えた最後の半荘なんだけど、渡辺プロ宮田プロの攻撃がきつくてね。打ったらそこで終わるような高い手ばかりアガるんだよ。その間、俺と寿乃田プロは防戦一方、なんとか逃げ切ることができたけど、最後までどっちが残るかわからなかったよ。

仲川:なるほど。それは本当、最後まで痺れる対局でしたね…。

山田:スコア的に雲の上にいた人にはわからなかったかもしれないけど、みんなは厳しい戦いをしてたんだよ(笑)。

仲川:いやまあ、半荘の合間とかにスコア表を見てましたから、自分が安泰そうな展開にニンマリはしてましたよ(笑)。

山田:相変わらずイヤらしいな!

仲川:褒め言葉として受け取っておきます(笑)。ところで、前のレポートに多井代表が「山田君に注目してる」と話されたくだりがあったじゃないですか。

山田:うん、確か第3節のレポートだったかな。

仲川:ああいったお褒めの言葉を貰ったりして、どうでした?

山田:うーん、いやまあ、素直に嬉しかったよ。

仲川:自分だったら、変に気を張ったり緊張しちゃいそうです(笑)。

山田:うん、わかる。だから俺は、その言葉が逆にプレッシャーにならないよう、敢えて意識しないようにした部分もあるかな。

仲川:なるほどー。

山田:逆に俺が聞きたいのは、リーグレポートを毎回担当しながら優勝したってのは地味だけど凄いなって思ってるんだよね。大変だったんじゃない?

仲川:うーん、そうでもなかったですよ。

山田:ホント?

仲川:いやまぁ、文章を書く作業自体は最近減ってて、苦手にはなりつつあるんですけどね(笑)。そこは上手いこと切り替えてやれていたんじゃないかな、と。

山田:そうなんだ。毎回だと気苦労が尋常じゃないだろうな、とか思ってたよ。

仲川:集中して対局へ臨めていた分、終わったら気が抜けちゃったり記憶が薄れていたりして、家に帰ってレポート書こうと思っても、中々筆が進まなかったというのはありますね(笑)。

山田:だよね。

仲川:でも、自分が毎節何を考えていたのか等を文章化する事によって、気持ちを落ち着かせたり色々と見えてきた部分もありましたし、やって良かったなと今では考えています。

山田:なるほどね。

仲川:でんさんは、今期を振り返って、何か良かったと思う部分はありますか?

山田:うーん…。仲川くんと当たる組み合わせの節が無かった事かな?

仲川:またまた、思ってもない事を!

山田:ま、思ってないんだけど(笑)。実際は、さっきも言ったけど最初に転んでも慌てず、後の対局に臨めた点じゃないかな。

仲川:平常心、やはり大切ですものね。

山田:うん。年度末のクライマックスリーグに向けて、平常心で最高のパフォーマンスを披露出来るようにしておかないと。

仲川:そうですね。



【2012年前期R1】
順位 選手名 合計 第1節 第2節 第3節 第4節 第5節
1 仲川翔 213.1 51.7 41.6 85.1 ▲16.3 51.0
2 山田田 96.1 ▲88.1 20.8 51.9 100.4 11.1
3 壽乃田源人 61.6 49.5 16.5 43.2 23.1 ▲70.7
4 安達瑠理華 61.3 34.4 29.8 24.0 2.2 ▲29.1
5 山下健治 9.6 77.6 ▲67.8 ▲32.7 68.2 ▲35.7
6 渡辺卓也 ▲1.9 ▲105.1 1.5 55.2 30.6 15.9
7 松ヶ瀬隆弥 ▲37.8 19.0 ▲3.4 ▲17.4 ▲89.1 53.1
8 石川泰之 ▲45.1 ▲8.6 ▲33.2 ▲44.6 ▲26.3 67.6
9 鈴木智憲 ▲65.6 37.9 ▲7.0 18.8 ▲79.9 ▲35.4
10 宮田信弥 ▲108.5 ▲15.1 ▲71.0 ▲57.8 59.3 ▲23.9
11 北島路久 ▲173.6 ▲74.9 28.7 ▲49.3 ▲74.2 ▲3.9
12 内田良太朗 ▲57.2 ▲2.3 21.5 ▲76.4 休会 休会

上位2名がクライマックスリーグ進出権利獲得
下位1名降級(休会選手も降級)



山田:ま、その前に後期リーグ戦があるんだけど。

仲川:ですね。後期からは、R2から宮本、飯島、萩原のライセンスB3名が上がってきます。

山田:やっぱ彼ら強いんだなぁ~。

仲川:来るべき人が上がって来た、といった感じがしますねぇ。

山田:そうだね。ホントに3人とも力あるからなぁ…。より締まったメンツになって後期はさらに厳しい闘いになると思うけど、降級して権利はく奪とかならないようにしないとね。

仲川:まったくです。そんな注目の後期Rリーグは、10月14日午前11時より神楽坂ばかんすにて始まります。是非観戦にお越しください!

山田:宣伝お疲れ(笑)。

仲川:ありがとうございます(笑)。それでは、そこそこ上手くまとまった所で、今日はこのへんで終わりにしましょうか。

2人:最後までお読み頂き、ありがとうございました。



(文責・仲川 翔 & 山田 田)
仲川翔
文責・仲川翔
山田 田
文責・山田 田

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節) 後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.