Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節


2011後期R3リーグ第2節レポート

今回R3リーグレポートを担当させていただく伊藤太です。
最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

毎回、対局後に今後の課題がたっぷり見つかるRリーグ。
今回は大きく3つの課題が発見できました。

1、オリたと見えた相手への対処
2、イーシャンテンでの押し
3、オーラスの字牌ドラの持ち方

この三点でした。

特に最後の3点目が未だに答えが見つからず悩んでいます。

第二半荘 南4局北家 配牌 ドラ



トップ目、2着目の親とは700点差、対面3着目とは7000点差弱。

7巡目でこの形。ツモ

ツモ

場は至って普通のシュンツ場に見え、色の偏りも特には見えません。
他家のテンパイ気配は感じませんでしたが、それなりに手はまとまってそうな印象。

イッツー目が残る形でリャンメン待ち以上なら、
切るかどうかをもう一度考えるか、として手を進めていたところにこのツモ。

小考の後に打、対面ポン、下家打、対面ロン8000で二着終了。

第一半荘が手ごたえ十分の大トップだっただけに、調子に乗って前に行ってしまいました。

形だけなら打でもおかしくは無いと思いますが、
を二枚落としての単騎に持っていっても構わなかったでしょう……。

考えれば考えるほどに悩んでしまいます。

この日は次の3回戦東1局1本場で、
ツモり四暗刻のイーシャンテンから親満貫に放銃してジ・エンド。

その後は、何もできない展開で最後まで……。

気付けば、前2半荘で+60ポイントは稼いだはずが、
まさかのマイナス30強、トータルでもマイナスに突入。


2011R3リーグ後期(上位2名昇級)
順位 選手名 合計 第1節 第2節
1 江原翔 152.6 47.5 105.1      
2 大塚一二三 70.5 40.8 29.7      
3 北岡あおい 14.3 ▲46.5 60.8      
4 大渕遼 12.4 47.7 ▲35.3      
5 森島直毅 11.1 9.1 2.0      
6 伊藤太 ▲0.3 35.1 ▲35.4      
7 湯澤栄鎮 ▲21.2 ▲100.0 78.8      
8 橋本亮 ▲25.1 14.9 ▲40.0      
9 佐野たか子 ▲91.8 ▲51.1 ▲40.7      
10 深津海帆 ▲134.7 ▲24.9 ▲109.8      
11 大仲勇樹 ▲140.8 ▲72.6 ▲68.2      

残り三節、これからも頑張って修行に勤しみます。ハイ。

(文中敬称略 文責:伊藤太)

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.