Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節


2011前期R3リーグ第2節レポート

RMUファンの皆様、こんにちは。
アスリートの花沢です。
R3リーグ第2節が終了いたしましたのでさっそく自戦記を。
前節、苦しい展開が続き2ラスをくらうも、
失点を最小限に抑える努力が報われ、
悪い状況のなか▲7.1に抑えられました。
この内容には自分なりに満足しています。

現在の4位という位置は、昇級が上位2名ということもあり、ギリギリの位置。
残りの試合数を考えると、1つでも順位を上げたい所です。
そして迎えた今節の対戦相手は北岡選手、植野選手、伊藤選手。

北岡選手には毎回ハネ満を親被りさせられてるイメージが…。
今回もやられました…。(笑)
伊藤選手は爆発力のあるイメージ。
植野選手とは初対戦。

今回、上位は北岡選手のみなので、これ以上離されないためにも、
北岡選手にはプラスを出来るだけ叩かせたくない。
そんな中、爆発力のある伊藤選手に爆発されて、
3半荘終わった所で2着3着4着のマイナス。
先制リーチだけでも10回以上はしてるんですけど、
アガったのは3面待ちを2回だけ。
そして絶対に負けられない戦いとなってしまった最終戦の東4局。
打ち続けてきたリーチがやっと身を結びます。
リーチドラ1をツモる事が出来たのですが、なんと裏3の3000・6000に!
ただ、トップ目に立つも、
その後は加点できず南場の親番もあっさり流され、
迎えた南3局に伊藤選手に4000オールをあっさりツモられて逆転され…。

さらに伊藤選手は7700は8000を北岡選手からアガり、その差は12100に。

そして南3局2本場7巡目
 ツモドラ
切りリーチならドラをツモれば1200・2200で、
オーラス5300のビハインド。
裏1なら2200・4200で700点の逆転。
しかしもしもツモなら、差が3800縮まるだけでオーラス満貫ツモ条件。
確かに平和三色まで見える牌姿ではあるが、すでに7巡目。
もしテンパイトラズが失敗したら…。
しかし、その時はそれはそれだと腹くくりました。
名付けてビリーブ打法!(笑)
平和三色ドラ1にする!とテンパイとらずの打
2巡後にドラのをツモる。
(本来はあがっていた牌…ということが頭をよぎる)
安目のは場に2枚、は0枚の行方知れず。

しかし信じるのがビリーブ打法。
切りでリーチ!

そして15巡目、
そこにはいてくれました。
裏ドラなしの3200・6200。

オーラスは伊藤選手の攻撃を凌いで流局。
なんとかトップをとる事ができました。

本日のトータルは+16。
前節に続き苦しい戦いの中の+16は素直に嬉しいです。

4半荘目の平和三色、普段の麻雀なら絶対に7pでリーチを打ってそう。
しかしここは競技麻雀の戦場。
失った点は、なかなか帰ってこない。
だからこそのビリーブ打法。(笑)
デジタル、アナログ、オカルト、効率、期待値、確率、統計 、etc…。
すべての麻雀観に否定はなく、その局面で一番正しい選択をしていきたい。

まだまだリーグ戦は始まったばかり。
残り3節、更に気を引き締めていきたいと思います。

麻雀ファンの皆様に、
「RMUは、一番下のリーグ戦でも見応えがある。」
と言って頂けるように、精一杯努力し、また精進していきますので、
是非ともリーグ戦に足を運んでいただき、観戦して頂けると、
競技者としてはこれ以上の喜びはないです。

そしてRMUに興味が湧いたのであれば、
大会やリーグ戦への参加もお待ちしております。
あ、花沢のことも応援してください。(笑)
よろしくお願いします。

文責:花沢唯

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.