Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節


2011前期R2リーグ第4節レポート

こんにちは、江原翔です。
リーグレポートを担当します。よろしくお願い致します。

Rリーグ後期1節、2節は内容も良くなくて、大きくマイナスしていた。
巻き返したい所だが、ここで傷口を広げては、残りを消化する前に終わってしまう。
漠然と大きなプラスを狙うよりも、まずは卓内トップを目指して、
上位との差を縮めようと臨んだ第3節は、卓内トップとはいかなかったものの、
卓内2位のプラスポイントで終えた。
トップこそ無かったがラスも無く、
同卓の渡辺プロが100ポイントオーバーのプラスだった事を考慮すると、
まずまずの結果だったと思う。

第4節は、藤中プロ・宮本選手・村本選手との対局。
今節も、まずは卓内トップを取ることを目標に臨んだ。
初戦は、開局に中のみをアガった後はテンパイすら苦しい展開。
3着目で迎えたオーラス5巡目。

ツモ ドラ

カンの受けを外して、この形。
すでにが3枚、が1枚切られており、
マンズで2メンツは難しいと感じていた。
チートイツ本線としていた所に、待望のツモ。
さらに次巡ラスをツモ。

ツモ ドラ

ツモり三暗刻だが、1手変わり四暗刻もある。
河は村本選手が序盤にが2枚切られているが、
藤中プロ・宮本選手からはピンズが1枚も切られていない。
自分の選択は、切りリーチだったが、
次巡ツモで四暗刻テンパイを逃す。さらに次巡。

ツモ

ハネツモで2着に上がったが、形だけ見れば四暗刻を逃した格好。
それでもこの選択に後悔は無かった。
四暗刻をアガれる人は、先にを引いてくるものだ。
2着目だった宮本選手も序盤から、チートイツテンパイだったので、
実際には紙一重のアガりだった。
この時は、2戦目にあんな惨劇が待ち受けているとは思いも寄らなかった。

今思えば、その兆候はあったのかも知れない。
村本選手が500オール、2000オールと連続でアガるのだが、
いずれもアタリ牌を掴まされている。
そして、2本場の中盤に切ったが村本選手の親国士に放銃。
打った時は頭が真っ白になってしまったが、
冷静になって振り返ると、不用意な一打だった。
この瞬間打つべき牌がだけなら仕方ないが、他にもあった。
この半荘は当然のラス。

3戦目

ツモ

三色目があったが、マンズを厚く持ち打
さらにツモで打
このイーシャンテンの間に、が全て切られ、
三元牌もほとんど見えてないので、行く気はほとんど無くなっていた。
間もなく親の宮本選手がダマテンでをツモ。
危ない危ないとホッとして開けられた手は…。

ツモ

手役のみを追っていたら、
1節に親国士を2回放銃という不名誉な伝説を作って星になる所でした。(笑)

4節は、結局親国士分の負債を背負った形となった。
厳しい位置から最終節を迎えるが、
星にならずには済んだので、もう少しあがいてみようかと思います。
最終節は9月4日神楽坂ばかんすで行われます。
1ヶ月以上空きますが、今やれる事をやって迎えたいと思います。

文責 江原 翔

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.