Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節


2011後期R1リーグ第4節レポート

1節目に好調なスタートを切り、クライマックスリーグに進出することだけを考えていたが、ズルズルとマイナス を増やし2位→6位→9位と後退。

今節の結果如何では降級もチラつく第4節。

緊張しているつもりはないが、肩に力が入ってしまう。



今回の対局者は藤中プロ、鈴木プロ、アスリートの津田。

この日は配牌とツモが噛み合わず、また読みの甘さから鈴木プロや藤中プロに放銃し、少しずつ点棒を削られていってしまう。



唯一上手く打てたというか、手牌とツモがマッチした局が2戦目、東2局西家8巡目。



ツモ ドラ



打点を見るとドラ受けのは外せず、

ソウズの場況も良かったが序盤にが自分の目から4枚見えていたため切り。

次巡ツモで三色も見え打とし、2巡後ツモで打

が入ってもは良くないんだよ…」

なんて思うも次の有効牌はで、切りリーチ。

程なくしてをツモアガり。



ツモ ドラ



裏ドラはないが1300-2600。

1戦目がラスだっただけに、これで乗っていけるかなというアガリである。



しかし次局。南家で、



ツモ ドラ  



親の鈴木プロがドラのを切り、次巡ツモ切りリーチを受けて上の手牌である。

満貫のテンパイ。

は4枚見えており、は2枚切れ。

1巡目に鈴木プロがを切っておりは通りそうであるが、伸びを見て打とした。

その後ピンズは引かずに、終盤4枚切られているを見てツモってきたを捨てるとロンの声がかかる。



ロン ドラ



ツイてないという一言で片付けるのは簡単だが、反省だらけである。

まず、待ちでアガリはほとんど見込めなかった。

もちろんなどの牌を引いて切りなどを見てはいたが…。



多井プロにも言われたが切りという選択もあった。

が1枚切れならそうすることもあるのだが。

結果論だが、そうするとをツモアガっていた。



次に、満貫テンパイに舞い上がって、鈴木プロの手牌予測に手を抜いてしまったこと。

普段の鈴木プロが、何でもない手で親とはいえ簡単に混一仕掛けに字牌を切るはずがないのだが、前局の1300-2600で前掛かりになり、全部行くと決めてしまったのが良くなかった。

そして、鳴かれないのを確認してのツモ切りリーチに、もしでロンと言われれば、やはり7700は覚悟しなければならなかった。

また、終盤ツモも少なくなってきたので、アガれないと感じつつもテンパイ料が欲しいなら、通ると読んでいるを切る選択肢もあった。

自分の一打の軽さに幻滅する。

集中していたつもりだが、またまだ甘い。



結局その半荘は3着で、その後も大した見せ場もないまま4半荘が終了。

今節もマイナスとなってしまい、最終節は降級争いとなってしまった。

2011R1リーグ後期
(上位2名クライマックスリーグ出場権利、下位3名降級)
順位
選手名
合計
第4節
第5節
1 松ヶ瀬隆弥 184.9 80.6 17.4 18.7 68.2  
2 津田挙士 129.6 ▲16.3 142.9 30.0 ▲27.0  
3 鈴木智憲 75.9 4.7 29.1 ▲18.2 60.3  
4 藤中慎一郎 58.7 ▲14.0 ▲7.0 52.7 27.0  
5 仲川翔 0.8 22.8 ▲73.3 67.2 ▲15.9  
6 安達瑠理華 ▲19.0 3.0 45.4 ▲32.0 ▲35.4  
7 山田田 ▲43.8 52.0 ▲34.3 ▲17.0 ▲44.5  
8 壽乃田源人 ▲49.5 ▲29.6 ▲53.6 ▲22.6 56.3  
9 北島路久 ▲60.4 ▲11.2 59.1 ▲54.2 ▲54.1  
10 渡辺卓也 ▲70.6 ▲126.0 ▲17.0 41.2 31.2  
11 内田良太朗 ▲97.0 59.4 ▲41.2 ▲54.9 ▲60.3  
12 江澤陽一 ▲115.6 ▲26.4 ▲69.5 ▲11.9 ▲7.8  

せっかく上がったR1リーグ。

簡単に降級するつもりはない。

体調管理をしっかりとし、集中力を持って最終節に臨みたいと思います。





文責:内田良太朗




R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.