Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節


2011前期R1リーグ第2節レポート

みなさん、こんにちは。 B級ライセンスの江澤です。
今回は僕がR1リーグ第2節のレポートをお送りいたします。

今節の僕の相手は、R1の紅一点である安達選手、
第7回日本オープン覇者の山下プロ、
第3期オープンリーグ優勝の飯島プロと何とも派手な卓組みとなりました。

1回戦、親での連荘などで5万点を持ってのオーラス。
僕に7巡目に待ちの高めタンピンイーペーコーのテンパイが入りました。
マンズは場に高くも安くもなく、普段ならこういう場合ノータイムでリーチなのですが、
西家の山下プロが1巡目からオタ風のをポンしています。
ドラはで山下プロの雀風的にハネマン以上の手が入っていそうです。

が3枚見えていて小四喜はなく、
山下プロの河にマンズがバラ切りされていることから、
少考後リーチを打ったのですが、果たして…。

結果はハイテイで高めをツモり、ハネ満のアガりとなったのですが、
ハイテイツモの時点では1枚、
山下プロのアタリ牌も1枚で、 対局後に聞いたみたところ、山下プロの牌姿は、
   ポン中 ポン東
だったようです…。

危なすぎました。(笑)

と、そんなこんなで1回戦は6万点強のトップを取り、
今日は何ポイント叩けるかなぁと浮かれ気分だったのですが、
終わってみればプラスはたったの10ポイント程度。

何とも情けない結果に終わってしまいました。
卓内の成績はというと、僕の尻すぼみの出来とは逆に、
1回戦ラスを引いた安達選手がその後3連勝。

初対戦だったのですが、攻守のメリハリが良く、
前回のリーグ戦でR2を優勝したのも頷ける実力でした。

前期のリーグ戦は残り3節。
次節こそは大爆発するつもりで頑張ります!

文責:江澤陽一

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.