Rリーグレポート

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節


2011前期R1リーグ第1節レポート

こんにちは、アスリートの北島路久です。

今回は私がR1のリーグレポートを担当させていただきます。

今期も2011年度Rリーグが開幕しました。
自分にとってR1は2シーズン目になります。
昨年度後期優勝のA級ライセンス谷井プロがRMUリーグに昇格したため、
残留組9名昇格組3名、計12名で
クライマックスリーグを目指しての戦いになります。

この第一節は昨年度の期首順位での戦いです。
鈴木プロ・飯島プロ・仲川プロ、そして私の組み合わせ。

R1のメンバーで、誰一人も気の抜ける相手はいません。
自分にとっては、まだリーグでの対戦経験のない鈴木プロの打ち筋が気になるところ。
さすがにR1。それぞれ相手の手の内も読みづらく、
局面ごとにハイレベルな攻防もありました。

この日は4人仲良くトップ1回づつと、大きなポイント差は出ませんでした。
まだまだリーグは始まったばかり。

競技選手である以上、
もちろん内容や質は高いところに置いた上で競技していかなければなりません。

そして何より、やはり結果が伴わなければ意味がないと思います。
昨年のR1リーグ、そしてクライマックスリーグで負けた悔しさを忘れず、

今期こそはという気持ちを忘れず頑張って行きたいと思います。

これからは各自のポイントや順位によって
戦い方や目標も違ってくると思います。

上位のものは少しでもリードを広げてライバルを放しておきたいし、
中位のものは早めに上位に…。
下位のものは少しでもポイントを増やし、降級の心配を逃れたいと考えるでしょう。

カップ戦と違い、半年5節20回戦のトータル勝負のリーグ戦ですので、
きちんとポイントを積み重ねることが大事だと思います。

どれだけ普段の自分の麻雀力を出せるかが、
勝負のポイントになるのではないでしょうか。

◆2011R1リーグ前期
順位 選手名
第1節
1 壽乃田源人 77.4
2 津田挙士 56.6
3 北島路久 40.2
4 安達瑠理華 6.5
5 山田田 3.1
6 仲川翔 2.9
7 鈴木智憲 2.1
8 江澤陽一 ▲ 4.3
9 松ヶ瀬隆弥 ▲ 17.2
10 飯島健太郎 ▲ 45.2
11 山下健治 ▲ 55.9
12 白石温郎 ▲ 76.2


まだまだ戦いは始まったばかり。

選手各人の思惑が交錯しながら、
これからさらなる熱い戦いが繰り広げられると思います。

観戦される方にも十分楽しめるリーグです。
みなさんもぜひ、観戦にいらしてください。

R1第2節の組み合わせは以下のようになっています。

1卓 北島・仲川・白石・津田
2卓 鈴木・壽乃田・山田・松ヶ瀬
3卓 飯島・江澤・安達・山下

拙い文章ですが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

文責:北島路久

R1リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R2リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節
R3リーグ 前期(1節/2節/3節/4節/5節)後期(1節/2節/3節/4節/5節





Copyright(c) Real Mahjong Unit. All Right Reserved.